【スペック】330Ciカブリオレ M-Sportパッケージ:全長×全幅×全高=4490×1755×1370mm/ホイールベース=2725mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)/価格=738万円(テスト車=745万5600円/CDオートチェンジャー=5万2500円/HiFiスピーカーシステム=2万3100円)

BMWフルライン試乗会【試乗記】

マイナーモデル(?)に乗ってみた 2004.11.24 試乗記 BMWフルライン試乗会BMWのクルマほぼすべてに加えバイクにも試乗できるという、大変豪華な試乗会が、神奈川県は大磯プリンスホテルを基点に開かれた。珍しい機会ということで、BMWのなかでも日の当たりにくいマイナーモデル(?)を中心に、『webCG』記者が試乗した。

現行ラインナップの“大穴”?

『webCG』が試乗車として選んだのは、いずれもBMWラインナップのなかではイマイチ目立たない3車種。「330Ciカブリオレ M-Sportパッケージ」と、3&5シリーズの2台のワゴン「325i ツーリング Hi-Lineパッケージ」「525i ツーリング」である。様々なメディアでお目にかかる機会が多いメジャー車種はひとまず措いて、忘れられがちなモデルにスポットを当てて見た。

まず乗ったのは、3シリーズのオープンモデル。試乗車は、エアロパーツや前225/45R17、後245/40R17インチのタイヤを履く「M-Sportパッケージ」を装着していた。
BMWのなかで、3シリーズはメジャー中のメジャーだが、カブリオレになると珍しい存在だ。「メルセデスベンツCLKカブリオレ」は、青山あたりでマダムの足になっている姿をよく見るが、3シリーズカブリオレは、サングラスをかけて乗っている不良外人(?)を、六本木で見かけるくらいだし……。
しかし、乗ってみると、イメージとはかけ離れた素晴らしいクルマだった。

外観は、クリス・バングル以前の四角いクラシカルな外観が懐かしい感じ。大きいタイヤが“六本木のガイジン”を彷彿とさせなくはないが、オープンになって強調された伸びやかなショルダーラインは美しく、眺めていて飽きがこないだろうな、と思った。
しかも、ただ屋根をちょん切っただけではない。シートベルトはシート内蔵式、横転時に乗員を保護するプロテクトバー荷室を有効に使える「バリアブルソフトトップボックス」など、実用車としても充分完成されているのは、さすがBMWである。

“M-Sport”ということで、シャカリキのハンドリングとハードな乗り心地を想像したが、イイ意味で裏切られた。乗り心地が悪いので有名な『NAVI』の長期リポート車「318ti Mスポーツ」はいうに及ばず、全3シリーズのなかでも上位にランクインするであろう、素晴らしい乗り心地。高速巡航での風の巻き込みもすくなく、快適にツーリング可能。スムーズな3リッター直6はパワーも充分で、エグゾーストの音を存分に味わえるのはオープンならでは。ハンドリングはオープンモデルだけに、BMWの名から想像されるよりダルだが、元のハンドリングレベルが違う。箱根の山の景色を楽しみつつシューンと駆け抜けるには、ちょうどいい案配で楽しかった。ちょっとマイナーな330Ciカブリオレ、実はBMW現行ラインナップの“大穴”(?)なんじゃないか? と思った。

ちょっとイマイチ……

カブリオレに気をよくして乗り換えた「325i ツーリング Hi-Lineパッケージ」は、結論からいうとちょっとイマイチだった。
試乗車が1300kmほどしか走ってない新車だったとはいえ、乗った感触が全体的に重苦しい。ステアリングフィールが重めなのはいいとして、クルマの動きもややモッサリ。乗り心地は、高速巡航で上下動が認められるなど、あまり褒められたものではなかった。2.5リッター直6は、3リッターと同じブロックを使うから、理屈ではより静かでスムーズになるはずだが、低音が室内にこもりがちで、パワーもフィールもいまひとつだと思った。
ちなみに、同じ時間帯で『NAVI』がお借りした「318i ツーリング」は、上記の重さが払拭されていたので、なおさら残念。BMWらしく、前後重量配分は前:後=750kg:770kgと理想的だから、距離を重ねて馴染んでくれば、もっと軽快に走ってくれるのかもしれない。同クラスと比較すると狭いとはいえ、セダンよりはるかに便利なラゲッジスペースは、もちろん魅力的ではある。

スポーティで便利、かつ新しい

「525i ツーリング」は新世代のBMWらしく、もしくは上級グレードゆえか、よくできたミドルクラスのワゴンだと思う。クリス・バングルデザインの好みはさておき、新しい5シリーズのワゴンボディは同クラスのなかで異彩を放ち、なかなかカッコイイ。BMW自慢の車両統合制御システム「iDrive」はイマイチ使いにくいが、ボタン類がすくない車内はシンプルで、液晶モニターを据えたインテリアデザインは近未来チック。低めのダッシュボードなど、運転しやすいつくりであるところは踏襲されている。FRゆえに、荷室の床面はやや高いが、大きめのボディのおかげでラゲッジスペースを狭く感じることもなさそうだ。

乗ってもシッカリ。325と基本は同じエンジンだが静かで、低音がこもることもない。325が5ATを積むのに対し、こちらのトランスミッションは6AT。1段増えたおかげでスムーズだし、動力性能に不満を感じることもなかった。最新モデルらしく、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)やDTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)など、クルマをアクティブに制御するデバイスが備わるところも魅力。タイヤはランフラットを標準で装着するが、乗り心地はミドルクラスらしい重厚さが感じられた。広報スタッフによれば、BMW=スポーティというイメージが強いのか、5シリーズのワゴンはそれほど販売台数が伸びないというが、525i ツーリングはスポーティなイメージと実用性を兼ね備えた、しかも新しいBMWだと思う。

(文=webCGオオサワ/写真=郡大二郎/2004年11月)


 
写真=BMWジャパン
 
【スペック】
318i ツーリングHi-Lineパッケージ(左奥)全長×全幅×全高=4480×1740×1435mm/ホイールベース=2725mm/車重=1520kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(192ps/6000rpm、25.0kgm/3500rpm)/価格=550万2000円(テスト車=567万5250円/ETCユニット=4万7250円/CDオートチェンジャー=5万2500円/メタリックペイント=7万3500円)
 

 
【スペック】
525i ツーリング:全長×全幅×全高=4855×1845×1490mm/ホイールベース=2890mm/車重=1730kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(192ps/6000rpm、25.0kgm/3500rpm)/価格=635万円(テスト車=642万3500円/メタリックペイント=7万3500円)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る