第174回:「スズキ・アルト Eグレード」試乗!“標準価格米カー”で現代日本車の味を考えてみる

2004.11.22 エッセイ

第174回:「スズキ・アルト Eグレード」試乗!“標準価格米カー”で現代日本車の味を考えてみる

「スズキ・アルト」で一番やすいEグレード。
「スズキ・アルト」で一番やすいEグレード。
 
第174回:「スズキ・アルト Eグレード」試乗!“標準価格米カー”で現代日本車の味を考えてみるの画像

■なんともシブい廉価版

新しくなった「スズキ・アルト」に乗ってきました。これがまさに今乗れる日本車の底辺の味……もとい、“基本テイスト”なんだと体に染み込ませるように走ってきました。
というのもさ、実際問題、アルトが今日本で買える一番安い乗用車なんでしょ。いわば日本のクルマの“標準価格米”であり、ある意味、吉野家の豚丼というか、セブンイレブンのおにぎりにも匹敵する超大衆向け商品。
開発チーフの綾部さんによると、今回は特に初代アルト、47万円のインパクトを目指したそうな。「価格も一つの性能と考え、今、日本に求められるクルマとは? を社内で徹底的に論議した」という。うーん、メチャクチャ難しいよね。今、日本で売るクルマに求められる、最低限の品質や装備ってさ。
結果、生まれたのがATで70.0万円、MTで65.0万円という廉価版のEグレード。これがなんともシブいデキなのよ。

6代目アルトのチーフエンジニア、綾部和彦さん。
6代目アルトのチーフエンジニア、綾部和彦さん。
 
第174回:「スズキ・アルト Eグレード」試乗!“標準価格米カー”で現代日本車の味を考えてみるの画像

まずシビれたのは装備。Eグレードに備わるのは、運転席、助手席エアバッグとエアコンとパワステ。タイヤは12インチの鉄っちんホイール付きで、意外にも集中ドアロックが備わる。逆に省かれたのはパワーウィンドゥ。そう、パワステが残り、パワーウィンドウは消えたのだ。毎日使ううえで、ないとどっちが不便かを冷静に考えると、パワステなのかもしれない。そのぶん、レギュレーターの作動を徹底的に軽くしてある。うーむ、なかなか凄い見切りでありますな。
で、肝心の走り味だけど、ちょっと考えちゃいましたね。これが今の標準の味かぁと。
ハッキリ言って、メチャクチャ普通に走ります。高速でも操舵は安心、パワーは必要十分で、乗り心地も良好。昔の、ないないづくしの軽自動車と比べると雲泥の差。
ただねぇ、ステアリングフィールは薄いのよ。正直、走った気にはならない。そういう意味では昔の軽自動車の方が上でした。

 
第174回:「スズキ・アルト Eグレード」試乗!“標準価格米カー”で現代日本車の味を考えてみるの画像
 
第174回:「スズキ・アルト Eグレード」試乗!“標準価格米カー”で現代日本車の味を考えてみるの画像
こちらは上級「X」グレード。
こちらは上級「X」グレード。

■手応えと引き替えに……

これはクルマ自体の特性もさることながら、パワステの影響が大きいんだろうなぁ、。電動式だし。おそらくパワステを外すだけで、もうちょっと味が濃いものになるんじゃないでしょうか。もちろん、操舵は重くなるけどさ。

結局、最低限のクルマにもパワステを付けざるをえなかったところに、日本車の現状が出てると思いました。当たり前のことだけど、「手応え」より「ラク」を重視するってことなのよ。日本って、何かにつけてこういう部分があるんだよね。食べ物では、「味」より「保存性」を優先する部分があり、教育では「個性」よりも「協調性」を優先する部分がある。ヒトコトで言っちゃうと、ツマンナイってことなんだけどね。相変わらず効率重視の社会。ただし、これはスズキの問題だけではありません。日本の社会の“ノリ”の問題でしょう。

ただしデザインは、主従の関係が逆転して、メイン車種の「ワゴンR」より、意識的でカッコいいと思いました。今だったら逆にコッチに乗りたい!
欲をいえばもうちょっと生々しい走りが欲しい。生キュウリに味噌付けて食べる、みたいなね。今は難しいのかもしれないけどさ。

(文と写真=小沢コージ/2004年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る