篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!

2004.11.22 自動車ニュース

篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!

マツダは、2005年春にフルモデルチェンジされるミニバン「プレマシー」の広告に出演する一般家族約60組を、2004年12月10日まで募集している。撮影は、有名写真家、篠山紀信だ。

“ツナガリ”広告と題された今回の試みは、新型「プレマシー」のプロモーション企画として、実際の家族をモデルとし、世界最長のポスター広告に挑戦するというもの。「みんなの楽しいが1つになる」というニュープレマシーの商品メッセージを発信するのが狙い、という。
ちなみに、現在の世界最長広告は、1998年ローマの「オペラ開演告知ポスター」(長さ274メートル、高さ2メートル)(マツダ調べ)。

また、家族の写真をイラスト化してプレゼントするキャンペーンも実施中。詳しい内容や応募方法などは、以下のサイトを参照されたし。

マツダ新型プレマシー「6+One“ツナガリ”プレゼントキャンペーン」
http://www.premacy.mazda.co.jp/pre/campaign/

(webCGワタナベ)

 
篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る