篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!

2004.11.22 自動車ニュース

篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!

マツダは、2005年春にフルモデルチェンジされるミニバン「プレマシー」の広告に出演する一般家族約60組を、2004年12月10日まで募集している。撮影は、有名写真家、篠山紀信だ。

“ツナガリ”広告と題された今回の試みは、新型「プレマシー」のプロモーション企画として、実際の家族をモデルとし、世界最長のポスター広告に挑戦するというもの。「みんなの楽しいが1つになる」というニュープレマシーの商品メッセージを発信するのが狙い、という。
ちなみに、現在の世界最長広告は、1998年ローマの「オペラ開演告知ポスター」(長さ274メートル、高さ2メートル)(マツダ調べ)。

また、家族の写真をイラスト化してプレゼントするキャンペーンも実施中。詳しい内容や応募方法などは、以下のサイトを参照されたし。

マツダ新型プレマシー「6+One“ツナガリ”プレゼントキャンペーン」
http://www.premacy.mazda.co.jp/pre/campaign/

(webCGワタナベ)

 
篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!の画像

関連キーワード:
プレマシーマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ルノー、「カングーS MT」を60台限定で発売 2017.8.24 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年8月24日、「カングー」に特別仕様車「S MT」を設定し、60台の台数限定で販売を開始した。1.2リッターターボに6段MTを組み合わせた「ゼン6MT」グレードをベースに、装備が強化されたモデルとなる。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • マツダ・プレマシー20E(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.9.7 試乗記 ……227万7000円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジで見た目が大きく変わった、マツダのミニバン「プレマシー」。売れ筋のFF、アイドリングストップ付きモデルで、中身の仕上がり具合を試した。
ホームへ戻る