篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!

2004.11.22 自動車ニュース

篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!

マツダは、2005年春にフルモデルチェンジされるミニバン「プレマシー」の広告に出演する一般家族約60組を、2004年12月10日まで募集している。撮影は、有名写真家、篠山紀信だ。

“ツナガリ”広告と題された今回の試みは、新型「プレマシー」のプロモーション企画として、実際の家族をモデルとし、世界最長のポスター広告に挑戦するというもの。「みんなの楽しいが1つになる」というニュープレマシーの商品メッセージを発信するのが狙い、という。
ちなみに、現在の世界最長広告は、1998年ローマの「オペラ開演告知ポスター」(長さ274メートル、高さ2メートル)(マツダ調べ)。

また、家族の写真をイラスト化してプレゼントするキャンペーンも実施中。詳しい内容や応募方法などは、以下のサイトを参照されたし。

マツダ新型プレマシー「6+One“ツナガリ”プレゼントキャンペーン」
http://www.premacy.mazda.co.jp/pre/campaign/

(webCGワタナベ)

 
篠山紀信が撮影する広告に家族で出よう!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る