ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

2004.11.19 自動車ニュース
 

ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

本田技研工業の米国現地法人アメリカン・ホンダモーターは、2004年11月16日、米ニューヨーク州政府と燃料電池車「FCX」を2台販売することで合意したと発表した。契約は2年間で、1台目の納車は12月に行われる予定という。

 

今回ニューヨーク州政府に納車される2台の「FCX」は、自社製の燃料電池スタック「Honda FC STACK」を搭載したもの。
ホンダにはカナダのバラード社製スタックを載せたFCXもあるが、ホンダ製スタックは、従来型では難しかったマイナス20度Cからプラス95度Cまでの幅広いレンジで発電が可能という。冬季には氷点下になるニューヨークでの“実地実験”で、燃料電池車の実用化に向けた情報収集を行う。

なお、両FCXとも、アメリカにおける販売要件となる米国環境保護庁(Environmental Protection Agency:EPA)とカリフォルニア大気資源局(California Air Resources Board:CARB)認定を取得済み。EPAとCARBの認定を受けた燃料電池車は、ホンダいわく、FCXのみという。
2002年12月の内閣府、ロサンゼルス市への納車を皮切りに、日米で販売という名のテストが行われている。

(webCG 有吉)

 

本田技研工業「FCX」:
http://www.honda.co.jp/FCX/

関連キーワード:
FCXクラリティホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル(FF)【試乗記】 2016.5.3 試乗記 ホンダの燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の販売が、自治体や企業へのリースという形ではあるがいよいよ始まった。その実力やいかに? 限られた時間ではあるが、一般道に繰り出すチャンスを得た。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ホンダFCXクラリティ(FF)【試乗速報】 2009.1.20 試乗記 ホンダFCXクラリティ(FF)

    2008年に日本とアメリカでリース販売が始まったホンダの燃料電池車「FCXクラリティ」に緊急試乗。エコというよりも、リポーターはクルマとしての魅力に参ってしまったようだ。
  • RRのホットハッチ「ルノー・トゥインゴGT」登場 2017.9.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年9月28日、コンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「GT」を設定し、同年10月19日より200台限定で販売すると発表した。ルノー・スポールが手がけた高性能グレードであり、より高出力なエンジンなど特徴としている。
ホームへ戻る