ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

2004.11.19 自動車ニュース
 

ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

本田技研工業の米国現地法人アメリカン・ホンダモーターは、2004年11月16日、米ニューヨーク州政府と燃料電池車「FCX」を2台販売することで合意したと発表した。契約は2年間で、1台目の納車は12月に行われる予定という。

 

今回ニューヨーク州政府に納車される2台の「FCX」は、自社製の燃料電池スタック「Honda FC STACK」を搭載したもの。
ホンダにはカナダのバラード社製スタックを載せたFCXもあるが、ホンダ製スタックは、従来型では難しかったマイナス20度Cからプラス95度Cまでの幅広いレンジで発電が可能という。冬季には氷点下になるニューヨークでの“実地実験”で、燃料電池車の実用化に向けた情報収集を行う。

なお、両FCXとも、アメリカにおける販売要件となる米国環境保護庁(Environmental Protection Agency:EPA)とカリフォルニア大気資源局(California Air Resources Board:CARB)認定を取得済み。EPAとCARBの認定を受けた燃料電池車は、ホンダいわく、FCXのみという。
2002年12月の内閣府、ロサンゼルス市への納車を皮切りに、日米で販売という名のテストが行われている。

(webCG 有吉)

 

本田技研工業「FCX」:
http://www.honda.co.jp/FCX/

関連キーワード:
FCXクラリティホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル(FF)【試乗記】 2016.5.3 試乗記 ホンダの燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の販売が、自治体や企業へのリースという形ではあるがいよいよ始まった。その実力やいかに? 限られた時間ではあるが、一般道に繰り出すチャンスを得た。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ホンダPCX(MR/CVT)/PCX150<ABS>(MR/CVT)【レビュー】 2018.4.25 試乗記 通勤やツーリングの友として絶大な人気を誇る、ホンダのスクーター「PCX」。“パーソナルコンフォートサルーン”という開発テーマを具体化した最新型は、クラスを超えた走りを味わわせてくれた。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る