ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

2004.11.19 自動車ニュース
 

ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

本田技研工業の米国現地法人アメリカン・ホンダモーターは、2004年11月16日、米ニューヨーク州政府と燃料電池車「FCX」を2台販売することで合意したと発表した。契約は2年間で、1台目の納車は12月に行われる予定という。

 

今回ニューヨーク州政府に納車される2台の「FCX」は、自社製の燃料電池スタック「Honda FC STACK」を搭載したもの。
ホンダにはカナダのバラード社製スタックを載せたFCXもあるが、ホンダ製スタックは、従来型では難しかったマイナス20度Cからプラス95度Cまでの幅広いレンジで発電が可能という。冬季には氷点下になるニューヨークでの“実地実験”で、燃料電池車の実用化に向けた情報収集を行う。

なお、両FCXとも、アメリカにおける販売要件となる米国環境保護庁(Environmental Protection Agency:EPA)とカリフォルニア大気資源局(California Air Resources Board:CARB)認定を取得済み。EPAとCARBの認定を受けた燃料電池車は、ホンダいわく、FCXのみという。
2002年12月の内閣府、ロサンゼルス市への納車を皮切りに、日米で販売という名のテストが行われている。

(webCG 有吉)

 

本田技研工業「FCX」:
http://www.honda.co.jp/FCX/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

FCXクラリティの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る