「BMW 6シリーズ」に3リッター直6のエントリー車、852.0万円也

2004.11.18 自動車ニュース
 

「BMW 6シリーズ」に3リッター直6のエントリー車、852.0万円也

BMWジャパンは、高級4座クーペ「6シリーズ」のエントリーグレードにあたる「630i」の予約受付を、2004年11月20日より開始する。デリバリーは2005年1月頃の予定。価格は852.0万円と、既存「645Ci」(6AT)より187.5万円安い。



 

「645Ci」は、333psを発生する4.4リッターV8ユニットを搭載するが、「630i」の心臓は3リッター直6(258ps/6600rpm、30.6kgm/2500-4000rpm)。クランクケースにマグネシウムとアルミニウムの合金を使用し、鋳鉄製より57%、アルミニウム製より24%の軽量化を図ったものだ。
これには、吸気バルブのリフト量を無段階に変化させる「バルブトロニック」と、エンジン回転数に応じて吸排気バルブのタイミングを無段階調節する「VANOS」が備わる。トランスミッションは6段オートマチックで、シーケンシャル「SMG」は設定されない。



 

装備面では、「スポーツ」スイッチを押すことにより車両設定をスポーティにする「DDC(ドライビング・ダイナミック・コントロール)」、パンクしても80km/hのスピードで約150km走行できるランフラットタイヤ、コーナリング時にボディロールを抑える「ダイナミックドライブ」(オプション)、ステアリング操舵にあわせてライト照射を変える「アダプティブ・ヘッドライト」(オプション)などを用意する。

(webCG 有吉)


BMWジャパン「6シリーズクーペ」:
http://www.bmw.co.jp/Product/Automobiles/6/coupe/

関連キーワード:
6シリーズ クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
ホームへ戻る