装備充実&若干値上げの「BMW X5」

2004.11.17 自動車ニュース
 

装備充実&若干値上げの「BMW X5」

BMWジャパンは、2004年10月以降に生産されたBMWいわくの“スポーツ・アクティビティ・ビークル”ことSUV「X5」の標準装備を充実するなどし、2004年12月以降に順次導入を始める。

 

駐車時や狭い道路で車両の前後と対象物との距離を音の変化で確認できる「PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)」を全車に標準装備。さらに上級「4.4i」「4.8is」には、CDオートチェンジャーを標準で与えた(エントリーグレード「3.0i」はカセットプレーヤー付きFM/AMステレオからシングルCDプレーヤー付きFM/AMステレオにグレードアップ)。

またオプション装備では、3.0iに設定しているナビゲーション&HiFiパッケージにCDオートチェンジャーを追加(39万9000円)。3.0iと4.4iの標準車にのみオプション設定されたステアリングホイールヒーターを、「スポーツパッケージ」装備車を含む全車にオプション装備可能(2万6250円)とするなどした。

各車の価格は以下のとおり(カッコ内は従来価格との差)。

3.0i(3リッター) 652万円(プラス6万2500円)
4.4i(4.4リッター) 911万円(プラス8万円)
4.8is(4.8リッター) 1169万円(プラス9万円)

(webCG 有吉)

 


BMWジャパン「X5」:
http://www.bmw.co.jp/Product/Automobiles/X5/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
ホームへ戻る