「ルノー・カングー」の運転がもっと楽しい5MT仕様を追加

2004.11.16 自動車ニュース
 

「ルノー・カングー」の運転がもっと楽しい5MT仕様を追加

ルノージャポンは、コンパクトハイトワゴン「カングー」に、5段MT仕様を追加設定。2004年12月13日から販売する。リアドアが観音開きの「ダブルバックドア」のみで、価格はシリーズ中もっとも安い、194万2500円。



 

「ルノー・カングー」に、マニュアルトランスミッション車が追加される。2002年3月から日本に導入されたカングーは、当初1.4リッターモデルのみをラインナップ。03年8月から、1.6リッターエンジンを積むマイナーチェンジ版に切り替わったが、トランスミッションはいずれも4段ATだった。コンパクトカーをキビキビ走らせたい人向きに、今回の5段MTの追加は嬉しいニュースといえそうだ。
ルノーがベーシックカーにMT仕様を設定するのは、「メガーヌ2.0」に続く2車種目。今後は「メガーヌ1.6」にもMT車を追加する予定で、「積極的に運転を楽しみたい」という要望に応えていくという。

(webCGオオサワ)

ルノージャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
ホームへ戻る