ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売

2004.11.12 自動車ニュース
 

ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売

フィアットオートジャパンは、3席×2列=6人乗りのシートレイアウトを持つMPV「フィアット・ムルティプラ」のニューモデルを、2004年11月20日に発売する。


デザイン変更により、全長が90mm延長。車重は30kg増えたが、あとは従来と変わらない。
“イタリアンの象徴”のように受け入れられたファニーフェイスが失われるのは残念だが、イタリア在住のコラムニスト、大矢アキオ氏によると、「反発もなく受け止めている様子。イタリア人はけっこう保守的だから」とか。
 

約4mの短い全長に、およそ1.9mもの幅広ボディ、3席×2列のシートレイアウトなどを盛り込んだユニークな多目的車「フィアット・ムルティプラ」。初代はギョロ目の異形ランプを特徴としていたが、2004年のジュネーブショーで発表された新型は、ごく一般的な顔つきに変身して登場した。

外観は、ヘッドランプとフロントグリルを水平基調のデザインとし、丸形のフィアットエンブレムが中央に配される。ノーズからフロントスクリーンへ延びるボンネットにより、フォルムも尋常だ。ボディ同色バンパーを採用するなど、随所がモダナイズされた。

1.6リッターに5段MTを組み合わせるパワートレインや、運転席以外は取り外し可能なシート機構などは従来どおり。電動調節&格納式ドアミラー、全6個のエアバッグなどを標準で備える。

グレードは、ベーシックな「ELX」と、アロイホイールやデュアルサンルーフ、10連奏CDチェンジャーなどを備えた「ELX-Plus」の2種類。価格は、262万3950円と、284万4450円となる。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

関連キーワード:
ムルティプラフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第79回:日本の国民車はなぜダサイ 2018.2.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第79回は「日本の国民車はなぜダサイ」。いま日本で売られているクルマで、一番いいモデルはどれか!? 筆者が“これぞ出色のデキ”と太鼓判を押すモデルを発表。脱・ダサ国民車のススメ。
  • 第76回:騙されてつながった赤い糸 2018.2.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第76回は「騙されてつながった赤い糸」。「MJ戦略参謀本部」放談、第4弾。激安イタ車に愛を捧げ続けた男、安ド二等兵。彼が、諦めの境地で手に入れた「マツダ・デミオ」に、驚愕の事実が発覚!  
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
ホームへ戻る