ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売

2004.11.12 自動車ニュース
 

ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売

フィアットオートジャパンは、3席×2列=6人乗りのシートレイアウトを持つMPV「フィアット・ムルティプラ」のニューモデルを、2004年11月20日に発売する。


デザイン変更により、全長が90mm延長。車重は30kg増えたが、あとは従来と変わらない。
“イタリアンの象徴”のように受け入れられたファニーフェイスが失われるのは残念だが、イタリア在住のコラムニスト、大矢アキオ氏によると、「反発もなく受け止めている様子。イタリア人はけっこう保守的だから」とか。
 

約4mの短い全長に、およそ1.9mもの幅広ボディ、3席×2列のシートレイアウトなどを盛り込んだユニークな多目的車「フィアット・ムルティプラ」。初代はギョロ目の異形ランプを特徴としていたが、2004年のジュネーブショーで発表された新型は、ごく一般的な顔つきに変身して登場した。

外観は、ヘッドランプとフロントグリルを水平基調のデザインとし、丸形のフィアットエンブレムが中央に配される。ノーズからフロントスクリーンへ延びるボンネットにより、フォルムも尋常だ。ボディ同色バンパーを採用するなど、随所がモダナイズされた。

1.6リッターに5段MTを組み合わせるパワートレインや、運転席以外は取り外し可能なシート機構などは従来どおり。電動調節&格納式ドアミラー、全6個のエアバッグなどを標準で備える。

グレードは、ベーシックな「ELX」と、アロイホイールやデュアルサンルーフ、10連奏CDチェンジャーなどを備えた「ELX-Plus」の2種類。価格は、262万3950円と、284万4450円となる。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

関連記事
  • フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)【試乗記】 2005.3.2 試乗記 フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)
    ……262万3950円

    「奇怪な顔」とか「ブサイク」とか言われ続けてきたフィアットの「ムルティプラ」が、マイナーチェンジを受けて「普通の顔」になった。しかし、いちばんの美質はまったく損なわれていない、と自動車ジャーナリストの島下泰久は言う。


  • フィアットオート、MPV「ムルティプラ」を導入 2003.1.24 自動車ニュース フィアットオートジャパンは、6人乗りのマルチパーパスビークル、フィアット「ムルティプラELX」を、2003年4月5日から販売すると、同年1月23日に発表した。
  • ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売 2004.11.12 自動車ニュース フィアットオートジャパンは、3席×2列=6人乗りのシートレイアウトを持つMPV「フィアット・ムルティプラ」のニューモデルを、2004年11月20日に発売する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • 第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
    インポーターに聞きました~テスラ編~
    2017.5.15 JAIA輸入車試乗会2017 2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る