「ホンダ・レジェンド」、カー・オブ・ザ・イヤーで他を圧倒した理由

2004.11.12 自動車ニュース

「ホンダ・レジェンド」、カー・オブ・ザ・イヤーで他を圧倒した理由

2004-2005日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、2004年11月11日に山梨県小淵沢で行われた最終選考会の結果、「ホンダ・レジェンド」に決まった。
ノミネート車10台のなかで他を圧倒したホンダの旗艦。59人の選考委員が下したジャッジメントの理由とは……?

■1位はレジェンド、2位はゴルフに

自動車雑誌『CG』『NAVI』を含む33媒体が実行委員会を構成して主催する日本カー・オブ・ザ・イヤー。25周年を迎えた今年は59人の選考委員に選考を委嘱した。

選考対象となる49の国産車、輸入車のなかから10月29日、まず10ベストカーが選ばれた。六本木ヒルズ内のアカデミーヒルズで開かれた開票式で下記の10台が選択された。

トヨタ・クラウン/同マジェスタ
日産フーガ
マツダ・ベリーサ
ホンダ・レジェンド
スバルR2
フォルクスワーゲン・ゴルフ/同トゥーラン
アウディA6
BMW 1シリーズ
オペル・アストラ
ボルボS40/V50

偶然国産車と輸入車が5台ずつとなったが、これらのモデルを対象に11月10、11日の両日にわたって最終試乗会が行われ、レジェンドがイヤーカーに輝いた。

今年は選考規約の一部が改正された。一番大きなものは、3年前からグローバルCOTYとして、国産車/輸入車の分け隔てなく1台だけをCOTY対象車としていたのだが、輸入車メーカーにはやはり絶対的な企業力のハンディがあるために、もし国産車がイヤーカーに選ばれた場合は、輸入車のなかで最高得点を得たクルマにインポート・カー・オブ・ザ・イヤーの称号を与えるということである。

これに従い、全体で2位、輸入車中トップの得点を確保したVWゴルフシリーズが04-05インポート・カー・オブ・ザ・イヤーとなった。

また特別賞は、「Most Fun」がBMW 1シリーズ、「Most Advanced Technology」がレジェンド(ダブル受賞である)、そして「Best Value」はマツダ・ベリーサとなった。

各車の得点や各選考委員による具体的な配点表は以下のとおり。

■得票順位

1:ホンダ・レジェンド(425点)
2:VWゴルフ/ゴルフトゥーラン(247点)
3:日産フーガ(246点)
4:BMW 1シリーズ(163点)
5:トヨタ・クラウン/クラウンマジェスタ(149点)
6:オペル・アストラ(93点)
7:アウディA6(76点)
8:ボルボS40/V50(40点)
9:スバルR2(34点)
10:マツダ・ベリーサ(2点)

合計点1475点/選考委員59名/有効投票数59票

■特別賞

Most Advanced Technology:ホンダ・レジェンド
Most Fun:BMW 1シリーズ
Best Value:マツダ・ベリーサ

■選考委員による配点表

PDF形式(12KB)
(※PDFを読むためのAcrobat Readerはこちらでダウンロード

■主な授賞理由

●カー・オブ・ザ・イヤー:ホンダ・レジェンド
「SH−AWD」に代表されるきわめて独創的なエンジニアリング、その高いレベルのテクノロジーをそのまま表現するような、意欲的かつ時代にふさわしいスタイリングを併せ持つことにより、日本の大型高級車の世界に、従来とはまったく異なる姿勢で挑戦し、それを、魅力ある商品として実現した。

●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフトゥーラン
1974年以来連綿とつくり続けられることにより、いつの時代においても世界を代表し、あるいは手本となってきた伝統や歴史を大切にしつつも、現代のテクノロジー、市場のニーズに見事に対応し、5世代目になっても独自の魅力を守り通し、すべての要素を高いレベルで達成した小型車。

●Most Advanced Technology:ホンダ・レジェンド
独創的な「SH−AWD」(四輪駆動力自在制御システム)の採用により、卓越した操縦安定性と、高い安全性を両立。高級車としての新しい方向性を示した。

●Most Fun:BMW 1シリーズ
コンパクトなボディに、世界でも希有なFRレイアウトを採用。その資質を活かしたハンドリング特性により、気持のよいドライブフィールをはじめ、質の高い走行性能を実現した。

●Best Value:マツダ・ベリーサ
コンパクトカーに、「上質」という価値観を持ち込んだ初めてのクルマ。リーズナブルな価格設定に加え、ユーザーの立場に立った装備が充実。クラスを代表する高級感を実現。

(webCG 大川悠)

 
「ホンダ・レジェンド」、カー・オブ・ザ・イヤーで他を圧倒した理由の画像

投票前に行われた試乗会。
 

	投票前に行われた試乗会。
	 

投票は、25点の持ち点がある59人の選考委員が、10ベストカーに点数を割り振るかたちで行われる。総得点がもっとも高かったモデルがイヤーカーとなる。
 

	投票は、25点の持ち点がある59人の選考委員が、10ベストカーに点数を割り振るかたちで行われる。総得点がもっとも高かったモデルがイヤーカーとなる。
	 

カー・オブ・ザ・イヤーとMost Advanced Technologyのダブル受賞となった「ホンダ・レジェンド」
 

	カー・オブ・ザ・イヤーとMost Advanced Technologyのダブル受賞となった「ホンダ・レジェンド」
	 

「VWゴルフ」はインポート・カー・オブ・ザ・イヤー
 

	「VWゴルフ」はインポート・カー・オブ・ザ・イヤー
	 

Most Funは「BMW 1シリーズ」
 

	Most Funは「BMW 1シリーズ」
	 

Best Valueは「マツダ・ベリーサ」
 

	Best Valueは「マツダ・ベリーサ」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
ホームへ戻る