「2004-2005日本カーオブザイヤー」大賞は「ホンダ・レジェンド」に

2004.11.11 自動車ニュース
 

「2004-2005日本カーオブザイヤー」大賞は「ホンダ・レジェンド」に

第25回2004-2005日本カーオブザイヤーの最終選考会が、2004年11月10〜11日に山梨県のホテル・リゾナーレ小淵沢で行われ、「ホンダ・レジェンド」が圧倒的な票を獲得して大賞に決定した。2位は「フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフトゥーラン」、レジェンドと争うと見られた「日産フーガ」は3位だった。


【写真上】ホンダ・レジェンド
【写真下】フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン
 

以下が2004-2005日本カーオブザイヤーの得票順位(カッコ内は得票数)。

1:ホンダ・レジェンド(425)
2:VWゴルフ/ゴルフトゥーラン(247)
3:日産フーガ(246)
4:BMW 1シリーズ(163)
5:トヨタ・クラウン/クラウンマジェスタ(149)
6:オペル・アストラ(93)
7:アウディA6(76)
8:ボルボS40/V50(40)
9:スバルR2(34)
10:マツダ・ベリーサ(2)


日産フーガ
 

昨年から、国産・輸入車の区別なく争われるようになった、日本カーオブザイヤー。インポートカーオブザイヤーは、2位を獲得した「VWゴルフ/ゴルフトゥーラン」となる。また3つの特別賞は、「Most Fun」が「BMW 1シリーズ」、「Best Value」は「マツダ・ベリーサ」、「Most Advanced Technology」は「ホンダ・レジェンド」が、それぞれ獲得した。
審査内容などの詳報は、後日お伝えする予定である。

(webCGオオサワ)

日本カーオブザイヤー公式サイト:
http://www.jcoty.org/


BMW 1シリーズ
 

マツダ・ベリーサ
 
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る