「2004-2005日本カーオブザイヤー」大賞は「ホンダ・レジェンド」に

2004.11.11 自動車ニュース
 

「2004-2005日本カーオブザイヤー」大賞は「ホンダ・レジェンド」に

第25回2004-2005日本カーオブザイヤーの最終選考会が、2004年11月10〜11日に山梨県のホテル・リゾナーレ小淵沢で行われ、「ホンダ・レジェンド」が圧倒的な票を獲得して大賞に決定した。2位は「フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフトゥーラン」、レジェンドと争うと見られた「日産フーガ」は3位だった。


【写真上】ホンダ・レジェンド
【写真下】フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン
 

以下が2004-2005日本カーオブザイヤーの得票順位(カッコ内は得票数)。

1:ホンダ・レジェンド(425)
2:VWゴルフ/ゴルフトゥーラン(247)
3:日産フーガ(246)
4:BMW 1シリーズ(163)
5:トヨタ・クラウン/クラウンマジェスタ(149)
6:オペル・アストラ(93)
7:アウディA6(76)
8:ボルボS40/V50(40)
9:スバルR2(34)
10:マツダ・ベリーサ(2)


日産フーガ
 

昨年から、国産・輸入車の区別なく争われるようになった、日本カーオブザイヤー。インポートカーオブザイヤーは、2位を獲得した「VWゴルフ/ゴルフトゥーラン」となる。また3つの特別賞は、「Most Fun」が「BMW 1シリーズ」、「Best Value」は「マツダ・ベリーサ」、「Most Advanced Technology」は「ホンダ・レジェンド」が、それぞれ獲得した。
審査内容などの詳報は、後日お伝えする予定である。

(webCGオオサワ)

日本カーオブザイヤー公式サイト:
http://www.jcoty.org/


BMW 1シリーズ
 

マツダ・ベリーサ
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.7.11 試乗記 ホンダがHV市場での捲土(けんど)重来を期して送り込んだ「アコード ハイブリッド」。自慢のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の走りの特徴とは。
  • ホンダ、アコードの改良情報を先行公開 2016.4.21 自動車ニュース 本田技研工業は2016年4月21日、「アコード」のマイナーチェンジモデルの情報の一部を公開した。発売は5月下旬を予定。「SPORT HYBRID i-MMD」を改良するほか、「Honda SENSING」を標準装備とする。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.8.14 試乗記 セダン市場での再起をかけ、ホンダが送り込んだ新型車「アコード ハイブリッド」。「燃費がいい」の一言では言い尽くせない、ハイブリッドセダンの本当の魅力とは?
ホームへ戻る