「2004-2005日本カーオブザイヤー」大賞は「ホンダ・レジェンド」に

2004.11.11 自動車ニュース
 

「2004-2005日本カーオブザイヤー」大賞は「ホンダ・レジェンド」に

第25回2004-2005日本カーオブザイヤーの最終選考会が、2004年11月10〜11日に山梨県のホテル・リゾナーレ小淵沢で行われ、「ホンダ・レジェンド」が圧倒的な票を獲得して大賞に決定した。2位は「フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフトゥーラン」、レジェンドと争うと見られた「日産フーガ」は3位だった。


【写真上】ホンダ・レジェンド
【写真下】フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン
 

以下が2004-2005日本カーオブザイヤーの得票順位(カッコ内は得票数)。

1:ホンダ・レジェンド(425)
2:VWゴルフ/ゴルフトゥーラン(247)
3:日産フーガ(246)
4:BMW 1シリーズ(163)
5:トヨタ・クラウン/クラウンマジェスタ(149)
6:オペル・アストラ(93)
7:アウディA6(76)
8:ボルボS40/V50(40)
9:スバルR2(34)
10:マツダ・ベリーサ(2)


日産フーガ
 

昨年から、国産・輸入車の区別なく争われるようになった、日本カーオブザイヤー。インポートカーオブザイヤーは、2位を獲得した「VWゴルフ/ゴルフトゥーラン」となる。また3つの特別賞は、「Most Fun」が「BMW 1シリーズ」、「Best Value」は「マツダ・ベリーサ」、「Most Advanced Technology」は「ホンダ・レジェンド」が、それぞれ獲得した。
審査内容などの詳報は、後日お伝えする予定である。

(webCGオオサワ)

日本カーオブザイヤー公式サイト:
http://www.jcoty.org/


BMW 1シリーズ
 

マツダ・ベリーサ
 

関連キーワード:
レジェンドホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ホンダ、最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ 2018.2.8 自動車ニュース ホンダが最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ。運転支援システムに、渋滞時のドライバーの負担を軽減する新機能「トラフィックジャムアシスト」を採用した。ボディーやシャシーに改良を施すことで、運動性能や乗り心地の改善も図っている。
ホームへ戻る