【スペック】SLK350:全長×全幅×全高=4090×1810×1300mm/ホイールベース=2430mm/車重=1490kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400〜5000rpm)/価格=672.0万円

メルセデスベンツSLK350(7AT)/SLK55AMG(7AT)【試乗記】

まさに「SL“Kurz”」 2004.11.10 試乗記 メルセデスベンツSLK350(7AT)/SLK55AMG(7AT)……672.0万円/959.7万円7年ぶりにフルモデルチェンジした、メルセデスベンツの2座ロードスター「SLKクラス」。スポーティを前面に押し出す新型のプレス向け試乗会は、ツインリンクもてぎのフルコースを使って行われた。『webCG』記者によるインプレッション。
「SLK350」の搭載されるV6エンジン

「SLK350」の搭載されるV6エンジン
写真をクリックするとハードトップの開閉が見られます。

写真をクリックするとハードトップの開閉が見られます。

“スポーティ”を意識

フルモデルチェンジしたメルセデスベンツの2座ロードスター「SLKクラス」が、本国から約半年遅れで日本に導入された。7年ぶりに生まれ変わった新型のキーワードは“ダイナミック&エモーショナル”。マクラーレンとコラボレートしてつくられたスーパーGT「SLRマクラーレン」似のエクステリアに象徴されるスポーティな内外装や、ダイナミックな走りを武器に、「ポルシェ・ボクスター」「BMW Z4」らと同様、ピュアスポーツをターゲットに据える。
“スポーティ”を意識して、わが国で販売されるのは、DOHCヘッドユニットを持つ新開発の3.5リッターV6搭載の「SLK350」と、AMGの手になるハイパフォーマンスモデル「SLK55AMG」の2本立て。欧州で販売される「SLK200コンプレッサー」「SLK180」といったベーシックグレードは、「ダイナミクス面でのインパクトを考慮して」(ダイムラークライスラー日本スタッフ)導入を見送ったという。

プレス向け試乗会は、ニューSLKのダイナミクスを存分に味わってもらおうと、ツインリンクもてぎのフルコース使用。あわせて「C55AMG」「E55AMGステーションワゴン」などに試乗できる、タイヘン贅沢な内容である。
公道試乗ではないため乗り心地などは不確かだが、試乗会当日は雨。ウェット路面を高速で走ることで、新しいSLKとメルセデスベンツ車のもつ高い安全性を体感することができた。

ロードスターの風情

最初に乗ったのはSLK350。AMGは、性能も価格も“特別”なモデルだから、現在手に入るSLKは、新開発の3.5リッターユニットを積むこのモデルだけである。
ツインリンクもてぎのパドックに並んだ新型SLKは、先代と較べてスポーティなだけでなく、グッと高級なクルマに見えた。先代は「Cクラス」をベースに格納式ハードトップ「バリオルーフ」を与えた四角いフォルムだったから、“ハコ車”の雰囲気が微妙に漂っていたと思う。一方、新型は、長くスラントのついたノーズ、リアアクスル寄りに配された小さなキャビン、コンパクトなリアエンドなどが、いかにもロードスターの風情を醸していてカッコイイ。ボディサイズは先代比で全長80mm、全幅は65mm広いが大きさを感じさせず、兄貴分「SLクラス」の“Kurz”(短い)という呼び名がよく似合う。

インテリアは、シルバーとブラックでコントラストをつけ、スポーティさを演出。「SL」よりちょっとカジュアルで、現代的なデザインだと思った。
装備品が充実し、快適な室内空間を実現したことも、ニューSLKのポイント。オープン時の快適性にこだわり、ボディのエアロダイナミクスを追求して風の巻き込みを抑えたうえでエアコンを強化、さらに、首まわりを暖める「エアスカーフ」という新機軸を盛り込んだ。エアスカーフは、シート内部のセラミックヒーターで暖めた空気をヘッドレスト下から吹き出す。



「SLK55AMG」搭載の5.5リッターV8エンジン

【スペック】
SLK55AMG:全長×全幅×全高=4095×1810×1285mm/ホイールベース=2430mm/車重=1550kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8SOHC24バルブ(360ps/5750rpm、52.0kgm/4000rpm)/価格=959.7万円

アグレッシブな一面

ピットレーンを飛び出すと、新型SLK、かなり速いクルマである。2400rpm〜5000rpmまで35.7kgmもの最大トルクを発生するため加速感に盛り上がりはないが、スルスルと速度を上げていく様は、ラクシャリーなグランドツアラーに近い。このあたりからも、“短いSL”っぽく感じた。
とはいえ、ガバっとアクセルペダルを踏めばリアタイヤが簡単にグリップを失うし、ステアリングを切ってやればリアを振り出す、アグレッシブな一面も見せる。といっても、電子制御が即座に介入するため、なにごともなかったかのように走り続けるのだが……。さすがメルセデスベンツ。エグゾーストノートは野太く、ちょっと荒々しい雰囲気を演出する。
V6に初めて組み合わされた7段AT「7G-ギアトロニック」は、各ギアのステップ比が小さく、シフトショックは皆無だった。

雨がやむどころか、ときおり強くなる状況のため、路面はかなりスリッピー。ブレーキとコーナリングはコワゴワだったが、ここでも、メルセデスベンツの電子デバイスが頼もしい味方になった。180km/h以上の速度でABSを作動させるフルブレーキでも、SLK350は不安定な挙動にヒヤっとさせられることなく、ステアリングを保持しているだけでOK。コーナーではESPが4輪のブレーキを独立制御し、アンダー、オーバーステアが出ても一瞬だけ。即座に安全なラインに引き戻してくれる。
同時に試乗できた「C55AMG」とハンドリングを較べると、SLK350はホイールベースが285mm短く、車重は160kgも軽いせいか“人車一体感”が高く、ESPが作動した際のボディのヨレもすくなかった。

「SLK55AMG」は、最高出力360psのAMG製5.5リッターV8を受け止めるべく、フロントに340mmのベンチレーテッドディスクと6ピストンキャリパーを奢った、強力なブレーキが印象的。15mm低い専用チューンのサスペンションと、ロープロファイル&大径タイヤにより安定感は高く、0-100km/h=4.9秒の性能を、怖い思いをせず楽しめる。スポーツカーのように汗をかくことなく、エアコンの効いた環境で安楽にドライブできる新型SLKは、まさに「SL“Kurz”」である。

(文=webCGオオサワ/写真=高橋信宏/2004年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る