「日産スカイライン」、フェイスリフトと一部変更、“丸目”復活

2004.11.09 自動車ニュース
 

「日産スカイライン」、フェイスリフトと一部変更、“丸目”復活

日産自動車は、「スカイライン」および「スカイラインクーペ」の内外装を一部変更。セダンのグレード体型の見直しなども行い、2004年11月8日から販売を開始した。



 

インテリアは、センタークラスターやドアアームレストグリップにアルミ素材を使いスポーティに演出。インパネの素材も上質なものに変更したという。さらにステアリングホイールにテレスコピック機能が付いたことも見逃せない。また、内装色は「シルキーエクリュ」「ブラック」の2色から選択可能となった。

エクステリアでは、セダン系でフロント/リアセクションのデザインを変更。テールランプには、スカイラインのアイデンティティともいえる、丸形ランプが“復活”した。
加えてセダンの「350GT-8」「350GTプレミアム」には18インチアルミホイールが、クーペの「350GT」「350GTプレミアム」には19インチ鍛造アルミホイールを新設定。ボディカラーに新色「レイクショアブルー」を追加した。

機能面では、マニュアルモード付き5段ATに、シフトダウン時に回転数を自動的にあわせる「シンクロレブコントロール」を新たに採用。6段MTも操作性や振動低減などが図られた。4WD車では、制御方式の見直しが行われた。

今回の変更と同時に、セダンのグレード体系が改められ、3リッターエンジン搭載の「300GT」「300GTプレミアム」および、「350GT」「250GTm」「250GTm FOUR」がラインナップから下ろされた。
価格はセダンの上級グレード「GT-8」で27万3000円値上がりするなどした。セダンが262万5000円から411万6000円まで、クーペは346万5000円から379万500円まで。

(webCG 本諏訪)


日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

関連キーワード:
スカイラインスカイラインクーペ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る