「日産スカイライン」、フェイスリフトと一部変更、“丸目”復活

2004.11.09 自動車ニュース
 

「日産スカイライン」、フェイスリフトと一部変更、“丸目”復活

日産自動車は、「スカイライン」および「スカイラインクーペ」の内外装を一部変更。セダンのグレード体型の見直しなども行い、2004年11月8日から販売を開始した。



 

インテリアは、センタークラスターやドアアームレストグリップにアルミ素材を使いスポーティに演出。インパネの素材も上質なものに変更したという。さらにステアリングホイールにテレスコピック機能が付いたことも見逃せない。また、内装色は「シルキーエクリュ」「ブラック」の2色から選択可能となった。

エクステリアでは、セダン系でフロント/リアセクションのデザインを変更。テールランプには、スカイラインのアイデンティティともいえる、丸形ランプが“復活”した。
加えてセダンの「350GT-8」「350GTプレミアム」には18インチアルミホイールが、クーペの「350GT」「350GTプレミアム」には19インチ鍛造アルミホイールを新設定。ボディカラーに新色「レイクショアブルー」を追加した。

機能面では、マニュアルモード付き5段ATに、シフトダウン時に回転数を自動的にあわせる「シンクロレブコントロール」を新たに採用。6段MTも操作性や振動低減などが図られた。4WD車では、制御方式の見直しが行われた。

今回の変更と同時に、セダンのグレード体系が改められ、3リッターエンジン搭載の「300GT」「300GTプレミアム」および、「350GT」「250GTm」「250GTm FOUR」がラインナップから下ろされた。
価格はセダンの上級グレード「GT-8」で27万3000円値上がりするなどした。セダンが262万5000円から411万6000円まで、クーペは346万5000円から379万500円まで。

(webCG 本諏訪)


日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

関連キーワード:
スカイラインスカイラインクーペ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:独創のGT-R
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
ホームへ戻る