【スペック】S40 T-5 AWD:全長×全幅×全高=4470×1770×1470mm/ホイールベース=2640mm/車重=1560kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(220ps/5000rpm、32.6kgm/1500〜4800rpm)/価格=462万円(テスト車=同じ)

ボルボS40 T-5 AWD(5AT)/V50 T-5 AWD (5AT)【試乗記】

平常心で乗るハイパワー 2004.11.08 試乗記 ボルボS40 T-5 AWD(5AT)/V50 T-5 AWD (5AT)……462万円/498万7500円ボルボの新世代エントリーモデル「S40」と「V50」のラインナップ最後に、2.5リッターターボを積むハイパフォーマンス版「T-5」の4WDモデル「T-5 AWD」が加わった。自動車ジャーナリスト生方聡のインプレッション。

ボルボらしくなった

なにを隠そう、モデルチェンジした「S40」「V50」に乗るのはこれが初めてである。先代の「S40」「V40」が、ボルボっぽくないエクステリアだったのとは打って変わって、この新型は一目見てボルボファミリーの一員とすぐにわかるデザインが印象的だ。
とくに、エステートのV50はそう感じた。先代のV40はエステートというより、ハッチバックの延長線上という存在で、正直なところエステートとしては中途半端だった。しかしV50は、テールゲートひとつとっても、荷室のフロアレベルから開くデザインになった。エントリーモデルとはいえ、ボルボの基本をきちんと押さえているのがカタチに現れている。

さて、今回追加されたのは、S40、V50のトップグレード「T-5」にAWD、すなわちフルタイム4WDを採用した「T-5 AWD」。T-5が2521ccの直列5気筒DOHCターボエンジンで前輪を駆動していたのに対して、このT-5 AWDは、スウェーデンのハルデックス社が開発した油圧クラッチ「ハルデックスカップリング」が、前後に駆動力を配分する。通常は前輪に約95%の駆動力を伝えるが、ホイールの接地状況をシステムが監視し、必要とあれば瞬時に後輪への駆動力を増やして、トラクションを確保するのだ。

T-5 AWDの特徴を頭に入れた後、さっそく迎えた試乗時間、まずはV50に乗り込む。張りのあるファブリック「T-テック」素材でできたシートは、腰とお尻の部分がリブ状になっていて、適度なサポートが心地いい。アルミパネルで仕上げられた「フリーフローティング・センタースタック」は北欧らしいデザインと素材感で、ドライバーを豊かな気持ちにしてくれる。

220psの実力は?

衝突の際にドライバーの膝が接触しないようにとの配慮から、ダッシュボードに移されたイグニッションキーを捻ってエンジンをスタート、試乗会場を後にする。最高出力220ps/5000rpm、最大トルク32.6kgm/1500〜4800rpmを誇るターボエンジンは、発進こそジェントルだが、アクセルペダルをさほど踏み込まなくても、1570kgのボディをやすやすと加速させていく。実に扱いやすい特性である。

もちろん、アクセルペダルを深く踏み込んでやれば、ドライバーの期待に十分応えてくれる。このエンジンの特徴は1500rpmの低回転から4800rpmという実に広い範囲で、最大トルクを発揮する点だ。いいかえれば、どんな回転数でも、ターボさえ効いてしまえばこっちのもの! という性格の持ち主である。ターボラグは小さくはないが、必要なときに必要なだけのトルクが、アクセルの踏み加減一つで手にはいるのだ。
このようなフラットなトルク特性を持つターボエンジンはヨーロッパ勢に目立ち、実用性も高い。反面、スポーティな印象に乏しいことが多く、V50もその例に漏れないのが惜しいところだ。

写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。

【スペック】
V50 T-5 AWD:全長×全幅×全高=4515×1770×1470mm/ホイールベース=2640mm/車重=1580kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(220ps/5000rpm、32.6kgm/1500〜4800rpm)/価格=498万7500円(テスト車=同じ)

AWDの意味

試乗の当日は“あいにく”のドライコンディションで、AWDの実力を存分に試す機会はなかったが、ドライの状況では、AWDを意識することなく運転することができた。乗り心地は、タイヤサイズが205/50R17にもかかわらず、コンチスポーツコンタクト2は“あたり”にゴツゴツした印象がない。そのわりに、ワインディングロードでは適度に締め上げられたサスペンションのおかげで、コーナリングの姿勢も安定している。ターボエンジンゆえエンジン回転数が低くても走れるためノイズも抑えられており、ロードノイズを含めて、キャビンは後に乗ったベーシックモデル「2.4」よりも静かなくらいだ。

試乗会では、同時に「S40 T-5 AWD」のステアリングを握る機会があった。ボディが軽いぶん、挙動に機敏さが感じられるものの、乗り心地にやや硬さが残り、バランスはV50のほうが多少上に思えた。

とはいえ、S40もV50も基本的な性格にさほど違いはない。結局のところどちらを選ぶかは、買う人のライフスタイル次第だ。いずれのタイプでも、余裕あるエンジンの実力を手軽に、そして、安全に使いこなすことができるのがこのT-5である。AWDを組み合わせたことで、さらなる安心を手に入れたという意味では、このフルタイム「T-5 AWD」がもっともボルボらしい選択なのかもしれない。

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2004年11月)

関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-Eエンジンが2機種、搭載された。1.5リッター直4ターボのT3ユニットを積む「S60」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーのT6ユニットを搭載する「XC60」に試乗し、その実力を確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る