チャンプカー最終戦、ブーデが完勝でタイトル獲得!

2004.11.08 自動車ニュース

チャンプカー最終戦、ブーデが完勝でタイトル獲得!

チャンプカー第14(最終)戦決勝が、2004年11月7日、メキシコのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス(4.4576km)を63周して行われた。
最終戦までもつれたタイトル争いは、ポイントリーダーのセバスチャン・ブーデが、チャレンジャーのブルーノ・ジュンケイラを2位に従えて完勝したことで決着がついた。

25歳のフランス人ブーデにとっては今シーズン7勝目、通算10勝目で手に入れた初タイトル。所属するニューマン・ハースチームにとっては5度目の栄冠だ。

新チャンピオンと同じチームの2位ジュンケイラは今年10度目のポディウムフィニッシュ。3位はルーキー・オブ・ザ・イヤーを取ったA.J.アルメンディンガーだった。

ブーデは、ポールポジションから全周にわたって一度もトップを譲ることがなかった。周回遅れを抜く際にスピンしたが、すべてを台無しにするほどのダメージはなかった。レース中の最速タイムを計時し、パーフェクトウィンで「ヴァンダービルト・カップ」を勝ち取った。

(文=webCG 有吉/写真=Autostock)

 
チャンプカー最終戦、ブーデが完勝でタイトル獲得!の画像

ブーデは、ポールポジション、ファステストラップ、そして優勝とすべてを勝ち取り、最終戦までもつれこんだタイトル争いに決着をつけた。シーズン14戦の半分を勝利したことになる。
 

	ブーデは、ポールポジション、ファステストラップ、そして優勝とすべてを勝ち取り、最終戦までもつれこんだタイトル争いに決着をつけた。シーズン14戦の半分を勝利したことになる。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。