第170回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 後編

2004.11.07 小沢コージの勢いまかせ!

第170回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 後編

3.8リッターユニットを積む「カレラS」は、カレラより全高が10mm低い。ポルシェ初というアクティブサスペンション「PASM」(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)を標準装備する。
3.8リッターユニットを積む「カレラS」は、カレラより全高が10mm低い。ポルシェ初というアクティブサスペンション「PASM」(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)を標準装備する。
 
第170回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 後編の画像

■ウマ味30%増し

前回からの続き)
とはいえ、単純にクルマとしてよくなったことには感動した。このへんの「うわ、なんだか知らないけど味がよくなってる〜!」みたいな部分は、やっぱりポルシェの真骨頂でしょう。「成長」「熟成」をエンターテイメントとして確立してるのは、やっぱり凄い。

実はクルマって、いいクルマになればなるほど味が大切で、高級ワインと同じようなモンになってくる。で、どんなにいい物でも毎日乗ると「やっぱり飽きてくる」のが人間の性。
そういう飽食状態のオーナーに、基本テイストは前と同じ、だけど「ウマ味10%増し!」いや「ウマ味20%増し!」の商品をちらつかせれば、そりゃ買っちゃうよね。元々、最新型ポルシェ買う人たちなんて快楽主義者で、お金に苦労してない人種が多いんだから。

その点、997はウマ味が30%ぐらい増量してると思われました。こりゃ、996型から入ったポルシェフリーク、もしくは型にこだわらないハイパフォーマンスカーフリークだったら買っちゃうでしょう。5分乗っただけで「納車はいつ……」って言わせること間違いなし。たぶんね。

 
第170回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 後編の画像
カレラSの標準装着タイヤは、フロントが235/35ZR19、リアは295/30ZR19インチとかなりファット。
カレラSの標準装着タイヤは、フロントが235/35ZR19、リアは295/30ZR19インチとかなりファット。
【スペック】
カレラS:全長×全幅×全高=4425×1810×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1460kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(355ps/6600rpm、40.8kgm/4600rpm)/価格=1248.0万円
【スペック】
	カレラS:全長×全幅×全高=4425×1810×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1460kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(355ps/6600rpm、40.8kgm/4600rpm)/価格=1248.0万円

■結局……欲しい

最大のポイントはステアリングフィール。こんなにキモチいいスポーツカーに乗ったことない! ってくらい軽くナチュラルでよろしい。実は今回からチルトステアリング機構が付いて、ある意味、悪い影響を及ぼすんだけど、逆にこれだけよくなったからチルト機構を追加できたのかもしれない。
それからエンジン。一段とキモチよく、かるーく吹けるようになった。でね。ノーマル「カレラ」の3.6リッターでも十分いいんだけど、「カレラS」の3.8リッターに乗ってからノーマルに戻ると、やっぱりカレラSの方がイイのがよくわかる。この辺の味わいも、ワインのテイスティングによく似てます。
それはハンドリングも同じで、カレラSは足を硬めたぶん、よりダイレクトでより“芯食ってる”感じ。ただ、路面からのキックバックが増えるし、足まわりはノーマルで十分だと思いました。さらに、全体の剛性感、乗り心地、品質感がどことなく上がってるのよ。よりダイレクトによりフリクションがなく、研ぎ澄まされていて、それでいて静かになってるという。要するに「高品質化」ですな。

ただ、繰り返すけど最大の問題はデザインだろうね。ホント、正直アイデアがないんだと思う。無論、特に911の場合、古いスタイルにこだわる人が多いのも問題なんだろうけど、たとえば、新しいアストンマーチンやそれこそアウディみたいに、画期的で挑戦的な新スタイルを導入してもらいたいもんである。もちろん、リアエンジンのままでね。当然、インテリアも同様。ポルシェってなんというか、いつも黒尽くめの体育会仕様で、インテリジェンスをほとんど感じない。もうちょっと工夫してよね。1000万円以上するんだから、って感じ。

とはいえ、俺が古いスタイルにこだわらない人なら、きっと単純に「欲しい」って思っちゃうんだろうなぁ。それくらい味はいいし、よくできてます。

……っていうか、なんだかんだ文句いってるけど、お金持ちだったら買っちゃうな。間違いなく。あー、いいクルマ〜!

(文と写真=小沢コージ/2004年11月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー 2017.5.26 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」(3ドア)を公開した。その姿を画像で紹介する。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る