第169回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 前編

2004.11.07 小沢コージの勢いまかせ!

第169回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 前編

質感よくなったけど、デザインがあまりに普通。もうちょっと工夫してくれ〜
質感よくなったけど、デザインがあまりに普通。もうちょっと工夫してくれ〜
【スペック】
カレラ:全長×全幅×全高=4425×1810×1310mm/ホイールベース=2350mm/車重=1440kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブ(325ps/6800rpm、37.7kgm/4250rpm)/価格=1046.0万円
【スペック】
	カレラ:全長×全幅×全高=4425×1810×1310mm/ホイールベース=2350mm/車重=1440kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブ(325ps/6800rpm、37.7kgm/4250rpm)/価格=1046.0万円

■「964」オーナー、アセる!?

いやー、ちょっと安心しました「997型」こと最新型「ポルシェ911」の試乗会。正直、期待っつうか心配してたのね。「どんだけ欲しくなっちゃうか」と。
だって見た目がクラシカルな丸目風になってると同時に、走りが相当よくなってるみたいじゃないですか。あれだけ各所で書かれてれば、さすがに伝わるのよ。「ホントによくなってる」のか「仕方ないからホメてる」だけなのか。

『webCG』の試乗記事しかり、他の雑誌の原稿しかり、まさにベタボメ。となるとほとんど早く結婚しすぎたオトコと同様、「やっぱアッチのがよかったか……」ってなる。っていうか俺のポルシェ、たしか5年前ぐらいに買った中古の964だし、金額的には全然かなわないんだけどね。心情的な問題よ。旧々型オーナーとしてなんとなくアセるかどうか、という。

正直、996にはほとんどアセんなかった。今までの911と全然違うし、ハッキリ言って熟成不足。さらに昔の993は、964より走りはよくなってるけど、カッコがよくないし。俺のなかでは乗りやすくてカッコよくてポルシェらしい味を持つ、964の後期型で十分だった。唯一、出まわりすぎてるのが難だけどね。
ところが997は走りもカッコもポルシェらしくなってるようで、実は964の正常進化版なのか? という懸念があったのだ。

そしたら期待通り大変よくなってはいたけど、全然悔しくなりませんでした。あーよかった〜。俺って心配性なのかなぁ。

各メーターが一部くっついていた996(もしくはボクスター)と異なり、997はそれぞれを独立。シルバーパーツがアクセントに使われる。
各メーターが一部くっついていた996(もしくはボクスター)と異なり、997はそれぞれを独立。シルバーパーツがアクセントに使われる。
 
第169回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 前編の画像
 
第169回:ちょっと安心の最新型「ポルシェ911」試乗報告 “最新=最良の法則”は俺にはやっぱ通用しないぜ! 前編の画像

■イメージと現実

というのも別物だから。まずはスタイルだけど、空冷ポルシェ時代に戻ったっていうより、水冷型をベースにフロント周りをちょっとクラシカルにしただけ。たしかにこっちの方が馴染むけど、大げさにいうと最新型ホンダに昔のウィングマーク付けたようなもんで、多少の違和感もある。全体のフォルムはまごうことなき996型だし、特にリアデザインなんてほとんど変わってないのよ。
ホントはねぇ、まったく新しい、超スポーツカー的かつ硬派なフォルムがいいんだろうけど、ポルシェってその辺ヘタだしね。

あとねぇ、乗るとやっぱりモダンなのよ。たしかにインテリアはだいぶ変わってて、特にメーターまわりは、各メーターがより独立感を増してカッコよくなった。全体の質感も上がってて、ある種、アウディみたいなイメージもある。ただねぇ、最近わかってきたけど、俺がクルマに求めるものって実は“別物感”や“別世界感”。だから964を買ったワケだし、最近、ロールス・ロイスも買った(これは後で報告します!)。911 の場合、個人的にはあの独特のバスタブみたいなキャビン、つまりスカスカの下半身や、フロアから生えるキノコべダルにとどめをさす。これはどうしようもない感情で、そう考えると911は、俺にしてみればやっぱり993型までで終わってるのよ。申し訳ないけど。(後編に続く)

(文と写真=小沢コージ/2004年11月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る