第53回:枯れゆくブナの山、檜洞丸(その2)(矢貫隆)

2004.11.06 エッセイ
 

第53回:枯れゆくブナの山、檜洞丸(その2)

 
世界初の量産ハイブリッドカーとして1997年にデビューした「トヨタ・プリウス」。2003年9月に2代目に生まれ変わり、走り、燃費とも大幅に向上した。
“知的な登山者”になった気にさせるプリウスをドライブ。一路、檜洞丸を目指す。

 

■足はもちろん

テーマが大気汚染なのだから、移動の足に使うのは、もちろん「トヨタ・プリウス」である。『webCG』編集部が長期リポート車として使用しているプリウスは、2003年9月にフルモデルチェンジしたもので、スタイリングも大きさも旧型とは大きく違っていて、いざ運転してみると、その走りっぷりもまた、まるで違うものだった。

走り出してすぐに広くなった室内にビックリし、それよりも仰天したのは高速道路に入ってからだった。とにかく直進安定性のよさが、旧型とは比較にならないのである。1997年に発売された旧型のプリウスに対して、僕が抱いていた印象は、“知的なタウンユース”だったのだけれど、現行モデルからは、“タウンユース”という表現を外さなければならないと思った。

というわけで、とにかく僕はプリウスがえらく気に入り、そして“知的な登山者”になった気分に浸りながら東名高速を、一路、御殿場インターへと向かったのだった。

檜洞丸へは、東名道の大井松田インターか御殿場インターを降り、そこから30分ほどの道のりでしかない。東京からは日帰りが簡単にできる山で、しかも周辺には温泉が多くある。日帰り登山で帰りは温泉。もっともお気楽登山が可能な山のひとつと言っていい。

丹沢湖を過ぎれば、あとはもう一本道。僕たちは、ひたすら西丹沢のキャンプ場を目指す。ここがクルマで行ける終点であり、檜洞丸の登山口でもある。

相変わらず小雨は降り続いていたけれど、そして担当編集のA君の表情も相変わらず冴えなかったけれど、僕はうきうきしていた。
雨に濡れたブナの森を歩く。それは僕が何年も前から計画していた憧れの登山のひとつだったからである。(つづく)

(文=矢貫隆/2004年11月)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。