【スペック】1.8T Saloon:全長×全幅×全高=4750×1780×1420mm/ホイールベース=2750mm/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(110ps/5500rpm、21.9kgm/2100rpm)

ローバー75シリーズ【海外試乗記】

思いがけない1台 2004.11.05 試乗記 ローバー75シリーズ2003年7月から日本での販売が復活した「ローバー75」シリーズは、英国車の風情が色濃いミドルクラス。フォード製4.6リッターV8で後輪を駆動(!)する「V8」など、ユニークで多彩なラインナップを誇る最新モデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗がイギリスで乗った。
「Limousine」の内装

【スペック】
Limousine:全長×全幅×全高=4950×1780×1420mm/ホイールベース=2950mm/2.5リッターV6DOHC24バルブ(177ps/6500rpm、24.5kgm/4000rpm)

求められる英国車

「ローバー75」の日本への輸入は、2年間途絶えていた。ローバー社とBMWが別れるに際して取り交わした、「最低2年間日本で売ってはいけない」という契約により、輸入が絶たれてしまっていたわけだ。空白期間を経て、新たな正規代理店であるMGローバー日本が設立され、2003年7月から販売を行っている。
英国車といえば、ジャガーやロールスロイスなどの高級車が思い浮かぶが、この中型高級車たるローバー75のようなクルマこそ、日本市場に求められているクルマだ。

ローバー75の日本でのラインナップは、次のようになる。ベーシックな1.8リッターターボモデルと、2.5リッターV6モデル、そしてホイールベースを200mm延ばしたリムジンも用意される。さらに、4.6リッターV8搭載モデルも登場。これはなんと、FRへ駆動方式まで変えてあるという、凝った仕様だ。標準ホイールベースのサルーンそれぞれに、ワゴン版「ツアラー」が加わる。

現在、日本での輸入車はドイツ車が多数を占める。たしかに、良質な造りと高性能による魅力は大きい。しかし、嗜好品的な部分もある自動車がそれだけでは味気ない。イタリア車もフランス車も、それなりの個性がありファンも多いのだから。
なかでも、英国車には独特の味がある。まずスタイリング。優美なテールの丸味に象徴される、落ちついたたたずまい。細いクロームをあしらった繊細なドアの膨らみもいい。ガキガキとしたエッジの多用や、やたらと空力を誇張したボディフォルムに、新味を感じる人ばかりではないはずだ。

「1.8T Saloon」

「1.8T Saloon」の内装

【スペック】
1.8T Tourer:全長×全幅×全高=4750×1780×1420mm/ホイールベース=2750mm/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(110ps/5500rpm、21.9kgm/2100rpm)

好印象は「1.8T」

内装はウッドと革が特徴ではあるが、近年あちこちで上辺だけ模倣され、本物との区別がつかない贋作が氾濫したせいか、流行が去った感もある。とはいえ、マテリアルの使い方や処理技術は、やはり一味以上違う。英国車を求めるユーザーの品性が関係してくるからだろうか。

今回バーミンガム工場の組み立てラインも見学したが、ラインスピードはけっして速いとはいえないものの、じっくりと造り上げることに楽しみを感じているような、そんな熟練工の仕事振りが目についた。
クルマづくりと対照的なのが、英国の交通環境である。けっして道幅が広いとはいえないカントリーロードでも、結構なスピードで流れている。日本ならば60km/h制限の道を、彼らは60mph(約96km/h)でこともなげに走っているのだ。

そんなクルマがクルマらしく、活き活きと走る環境下では、1.8Tが一番バランスよく軽快な感じがした。試乗車は5段MTだったこともあり、気持ちよく走れることこの上ない。英国車を正しく味わうには、やはりMTを選ぶべきだろう。2.5リッターV6は5ATと組み合わされるが、日本市場で販売するには、これが一般的な組合せかもしれない。
ホイールベースが200mm長いリムジンは、当然ながらリアシートの居住性を考慮したもので、ゆったり足を組んで乗れるスペースはこのクラスでは得難いものだ。FFゆえにセンタートンネルは低く、プロペラシャフトやドライブシャフト、デフなどの回転物がない静けさは、やはりそれなりのメリットがある。

4.6リッターV8エンジン

【スペック】
V8 Saloon:全長×全幅×全高=4750×1780×1420mm/ホイールベース=2750mm/4.6リッターV8DOHC16バルブ(260ps/5000rpm、41.8kgm/4000rpm)

英国車らしい大改造

はからずもこの点を再確認できたのは、同じボディのままフロアを大改造して、FRにしてしまったV8と比較できたからである。
英国人にとってもV8エンジンはステイタスであるらしく、強引ともいえる手法でフォード製4.6リッターV8SOHC16バルブをノーズに納めた。ただ、このやり方が英国人らしいともいえる。すなわち、V8エンジンを積むにあたり、横に置いて前輪を駆動するのではなく、退化とも思える昔ながらの方法で後輪駆動にしてしまったトコロだ。こうした例は自動車史上でも稀な出来事である。しかし冷静に考えてみれば、フロアをつくりなおす方が、専用のトランスファーやギアボックスを探す手間より簡単なのだ。

そうしたユニークな成り立ちをもつV8モデルも、高級感という意味では気筒数に追いついていない。音や振動面をFFのレベルに高めるには、さらにチューンも必要と思えた。動力性能はたしかに、排気量なりの迫力を備えるのだが。

2004年はローバーの創立100周年。節目にあたる年でもあり、それにふさわしい陣容をそなえるに至ったローバー75は、ドイツ車に飽きた人にとって思いがけない狙い目の一台かもしれない。

(文=笹目二朗/写真=MGローバー日本/2004年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ローバー75サルーン(5AT)【試乗記】 2003.11.22 試乗記 ローバー75サルーン(5AT)
    ……398.0万円

    ラインナップを増やして、日本への再上陸を果たしたローバー&MG。『Car Graphic』誌の長期リポート車として、2年をともにした『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠が、久々にステアリングホイールを握って……。


  • ローバー75ツアラー(5AT)【ブリーフテスト】 2003.10.10 試乗記 ……425.0万円
    総合評価……★★★★

    日本市場へ再上陸を果たしたローバー&MG。メイン車種たる「75」には、かつてのサルーンに加え、ツアラーことワゴンもラインナップされた。『webCG』記者による報告。


  • ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)【試乗記】 2004.9.4 試乗記 ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)
    ……498.0万円/520.0万円

    昨2003年の夏から、日本への再上陸を果たしたローバー(&MG)。日本での売れ筋モデル「75サルーン」と「75ツアラー」がフェイスリフトを受けた。『webCG』コンテンツエディターのアオキが報告する。


  • ローバー75シリーズ【海外試乗記】 2004.11.5 試乗記 ローバー75シリーズ

    2003年7月から日本での販売が復活した「ローバー75」シリーズは、英国車の風情が色濃いミドルクラス。フォード製4.6リッターV8で後輪を駆動(!)する「V8」など、ユニークで多彩なラインナップを誇る最新モデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗がイギリスで乗った。


  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る