キャデラック2005年モデル、「CTS」らに新エンジン

2004.11.05 自動車ニュース
 

キャデラック2005年モデル、「CTS」らに新エンジン

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、キャデラック「CTS」「SRX」「XLR」「ドゥビル」の2005年モデルを、2004年11月13日に発売する。

 

■最新型ユニットで排気量アップ……CTS

キャデラックのエントリーモデル「CTS」。デビュー当初は2.6、3.2リッターのV6二本立てだったエンジンが、2.8リッター(214ps/7000rpm、26.7kgm/3300rpm)と、新型セダン「STS」と同じ3.6リッター(255ps/6200rpm、34.7kgm/3100rpm)の最新型に換装された。

さらにメータークラスターパネルを新意匠化しアルミリングとするなど小変更を加え、STSと共通イページを与えた。

価格は、「2.8L」が498.0万円、「3.6L」は598.0万円。前者は2005年春に導入を予定する。


「SRX」
 

■3.6リッター加わる……SRX

中型SUV「SRX」には、324psを発生する4.6リッター「ノーススター」V8エンジンに加え、STS、CTS同様の3.6リッターユニットがラインナップされた。

また、やはりSTSと同じファミリーであることを印象付けるため、メータークラスターパネルのデザインを変更した。

「3.6L」が635.0万円、「4.6L」は745.0万円のプライスタグを付ける。

■わずかな変更……XLR

高級2座ロードスター「XLR」は、基本的に2004年モデルと同じ内容。ボディカラーと内装色を見直し、外板には全5色を用意した。

4.6リッターV8モデルは、1200.0万円。


「XLR」
 

■モデル末期……ドゥビル

創業100周年を機にブランド変革を敢行中のキャデラックのなかで、フラッグシップ「ドゥビル」は古株。2005年には「DTS」にその座を明け渡すといわれる。

モデル末期の旗艦モデルには、新たに「ライトカシミア」「ブルーアイス」の2色を追加し、全8色のボディカラーを与えた。
4.6リッター「DHS」は、825.0万円。

(webCG 有吉)

 


キャデラック:
http://www.cadillac.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:流し撮り名人、「CTS」を射抜く!
    池之平昌信カメラマンが語る新しい「キャデラックCTS」
    2017.6.5 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR> 「キャデラックCTS」の日常劇場が帰ってきた! マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化したCTSの実力を、今回のシリーズでは4回にわたってリポートする。第1回は“流し撮り職人”、池之平昌信カメラマンが新しいCTSの走りを射抜く!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る