【東京モーターショー2004】ホンダ、「軽でパーソナル」

2004.11.05 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2004】ホンダ、「軽でパーソナル」

2004年11月2日のプレスデイで幕を開けた第38回東京モーターショー(商用車)。
「ひとり一人がいきいきと」をテーマに掲げる本田技研工業は、軽自動車を使ったパーソナルな商用車や、ミニバンベースの福祉車両などを出品した。


【写真上】軽商用コンセプト「P.V」
【写真下】軽トラックコンセプト「HOBICK」
 

■ポップな商用車コンセプト

ホンダブースの目玉は4車種、うち2台は、「ライフ」と同じ2420mmのホイールベースを持つ軽自動車のコンセプトカーである。
「P.V」は、ピックアップトラックとバンの機能を融合したという軽商用車のコンセプト。一見、普通のハッチバックだが、リア&リアクォーターウィンドウとリアゲートを開けると、まるでピックアップトラックのように荷室へアクセスできる。荷室天井のガラスルーフを開ければ、長尺物が積めるという。内外装とも“モノ感”あふれるデザインは、「ザッツ」を思わせる。


「フィットスポーツコンセプトwithパワーテックマチック」
 

もうひとつの軽自動車「HOBICK」は、軽トラックのコンセプト。「HOBBY+TRUCK=HOBICK」という名前が示すとおり、趣味のために使えるトラックをイメージしてつくられた。荷台は、荷物を分けられる上下2層式。助手席を前に倒すと荷台とキャビンがスルーになり、2.5mの長尺物が積めるなど、多彩な機能を盛り込んだ。



 

■運転する楽しみ

コンパクトカー「フィット」をベースに、両手だけで運転できる補助装置「パワーテックマチック」を搭載する「フィットスポーツコンセプトwithパワーテックマチック」は、ドライビングプレジャーを追求したという福祉車両。ブレーキアシスト機構により、従来車に比べ軽い操作で快適に運転ができるという。
コンセプトカーは、室内にロールケージを備え、運転席はバケットシート。エアロパーツやハデなカラーリングでエクステリアをスポーティに演出した。運転の本質に関わるデバイスも進化したとはいえ、オカズの方が豪華な印象だ。

ミニバンのホンダらしく、大型ミニバン「エリシオン」ベースの福祉車両コンセプト「アルマス・コンセプト」も出品。大型ボディを利して、運転席リフトアップシートや電動ドアなどの仕掛けを詰め込み、“車いすの人が運転を楽しめることをカタチに”したという。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。