再登場、「ジャガーXタイプ3.0ソブリン」は80台限定

2004.11.04 自動車ニュース
 

再登場、「ジャガーXタイプ3.0ソブリン」は80台限定

ジャガージャパンは、2004年6月に特別限定車として販売した「Xタイプ」のラクシャリーモデル「3.0ソブリン」を、再び11月1日に80台限定で発売した。


高級ブランド、ジャガーの“普及版”たるエントリーモデル「Xタイプ」に、リーピングキャット最上級モデルに冠される「ソブリン」が再び登場。
 

「Xタイプ3.0 Sovereign(ソブリン)」は、トップグレードの3リッターV6モデルの内外装を、ゴージャスに仕立てたもの。
エクステリアは、クロームドアミラーや17インチアルミホイールで飾り、またインテリアには、バーウォールナットを使ったウッドパネル、アイボリーレザー/モカの2色でコントラストをつけたパイピングシート(電動10ウェイ)などを配し、“本物を志向した”と謳われる。
なお同車を購入すると、オーナーの名前を刻印した「ご成約記念プレート」が、運転席のサイドシル部分に装着されるサービスが付く。

ボディカラーによって台数が異なり、「ジルコン」(20台)、「クォーツ」(20台)、「ミッドナイト」(40台)という割り振り。価格は最上級「3.0 V6 Sport」より43万2500円高い、605万円となる。

(webCGオオサワ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp

関連キーワード:
Xタイプ エステートジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガー、「XFスポーツブレイク」を発表 2017.11.27 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「XF」のワゴンバリエーション「XFスポーツブレイク」を発表し、同日受注を開始した。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • ジャガー、「XF」の2018年モデルを発表 2017.11.27 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「ジャガーXF」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。車両価格は605万円~1147万円。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 「レンジローバー ヴェラール」に3モデルの特別仕様車 2018.5.23 自動車ニュース 「レンジローバー ヴェラール」に「ベーシック」「プラス」「ダイナミック」の3タイプの特別仕様車が登場。「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2018」の受賞を記念したもので、アダプティブクルーズコントロールをはじめとした充実した装備が特徴となっている。
ホームへ戻る