【東京モーターショー2004】日産、“移動アパレル店”を提案

2004.11.02 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2004】日産、“移動アパレル店”を提案

2004年11月2日のプレスデイで幕を開けた第38回東京モーターショー(商用車)。日産自動車は、市販モデルの福祉車両「ライフケアビークル(LV)」各車に加え、商用車を数多く展示した。なかでも「キャラバン」ベースの“移動アパレル店”がユニークだった。


「キャラバン・ボックス・イン・ボックス」。着替えはどこで……?
 

■ディスプレイできるバン

市販されている福祉車両やコマーシャルビークルを中心にブースを展開した日産。新しさがあるモデルといえば、ステージに載せられた参考出品車「キャラバン・ボックス・イン・ボックス」だった。

商用バン「キャラバン」の前席以外を商品などの展示スペースにあてたもので、言ってみれば“移動弁当屋さん”的クルマ。日産いわく、「クルマが本来持っている『動く』『運ぶ』という機能に『ディスプレイ』という価値を加えることで、『直接お客様のところへうかがってディスプレイする』という新しい発想を生み出した」。


壇上に飾られた福祉車両「ライフケアビークル」の「ティーダ・アンシャンテ助手席スライドアップシート車」。車椅子などからの乗り降りがしやすいよう、助手席が外にせり出す仕組みはお馴染み。
日産は、福祉車両を通常のラインナップ車と同様にとらえており、専任スタッフ、試乗車を置いた「ライフケアビークル認定店舗制度」を導入するなど普及に努めているという。
 

今回はアパレルバージョンとして登場。リアハッチから“ボックス”を車外に引き出し、そのボックスを開けるとスーツなどが展示される、という仕組み。左側のスライドドアにもディスプレイできる。

販売の予定はないとのこと。「ところで試着スペースは?」という質問には、「特に設けていません。ボックスの“ハネ”の部分で陰をつくれば……」というちょっと苦しい回答が返ってきた。

他の展示車には、今秋相次いで発売された「ティーダ」「ティーダラティオ」などの福祉車両や、「ADバン」「クリッパー」(三菱自動車からOEM供給される軽自動車)などの商用車、日産のテレマティクス「カーウイングス」を試せるコーナーなどがあった。

(webCG 有吉)


こちらは「クリッパー」。軽自動車を持たない日産は、三菱自動車から供給される「ミニキャブ」のバッヂを替えて商用軽とした。ちなみに乗用軽を担うのは、「スズキMRワゴン」の日産版「モコ」。
なお、軽をめぐる日産・三菱の提携がウワサされ、両社によって即座に否定されたことは記憶に新しい。
 

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。