【東京モーターショー2004】最後の「商用車ショー」、開幕!

2004.11.02 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2004】最後の「商用車ショー」、開幕!

今年で38回目を迎える東京モーターショーが、2004年11月2日のプレスデイで開幕した。

 

「働くくるまと福祉車両」というタイトルが示すとおり、今年は商用車と福祉車両がメイン。会場の千葉県・幕張メッセには、世界6カ国から集まった111社、1政府、1団体がブースを連ね、また来場者が車両に試乗できるコーナーなども設けられる。会期は11月7日(日)までの6日間だ。

なお、1999年の第33回から始まった「乗用車・二輪車」「商用車」の1年ごとの分離開催は、来年の第39回(乗用車)で終わる。2006年の休催年を間に挟み、2007年の第40回から「総合ショー」としてもとの形態に戻る。つまり今回が最後の商用車ショーとなるわけだ。

『webCG』では、会場からの詳報を随時アップする予定だ。

(webCG 有吉)

 

【関連記事】
「webCG Membersオートショーリポート・リンク集」
http://www.webcg.net/WEBCG/members/autoshow/

※上記は『webCG』会員向けコンテンツのため、アクセスには会員ID、パスワードが必要です。会員になるための方法は、以下をご参照ください。入会金、年会費など一切かかりません。
https://www.nigensha.co.jp/user/


東京モーターショー:
http://www.tokyo-motorshow.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。