「レンジローバー」05モデル、ナビ&オーディオ一新

2004.11.01 自動車ニュース

「レンジローバー」05モデル、ナビ&オーディオ一新

ランドローバージャパンは、高級4×4「レンジローバー」の2005年モデルを、2004年11月27日に発売する。

2005年モデルでは、ナビ&AV装備の充実を図った。選択しているトランスミッションとトランスファーギアボックスのギアや車高位置、ホイールの向きなどを表示する「タッチスクリーン式4×4インフォメーションシステム」の付いた、DVDナビゲーションシステムを採用。加えて、ハーマン/カードンの高級オーディオを与えた。

またボディカラーでは、「エプソム・グリーン」「オスロ・ブルー」に替えて、「トンガ・グリーン」「ケアンズ・ブルー」の2色を追加するなどした。

BMW製の4.4リッターV8やコマンドシフト付き5段ATなど、機関面はそのままだが、従来までは銅線により構成していた車内情報やオーディオのネットワークを光ファイバーにするなど、細部にわたって改良されたという。

価格は、もっともベーシックな「SE」が870.0万円、中核「HSE」が950.0万円、最上級「VOGUE」は1090.0万円。

(webCG 有吉)

ランドローバージャパン「レンジローバー」:
http://www.landrover.co.jp/jp/ja/Products/Range_Rover/default.htm

 
「レンジローバー」05モデル、ナビ&オーディオ一新の画像

タッチスクリーン
 

	タッチスクリーン
	 

関連キーワード:
レンジローバーランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダ・シビック タイプR(後編) 2018.1.4 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せずクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・シビック タイプR」に試乗する。ハンドリングもエンジンも大絶賛の谷口だが、ひとつだけ不満があるという。谷口が指摘する新型タイプRの弱点とは何か?
ホームへ戻る