スズキのグローバルカー「スイフト」一新

2004.11.01 自動車ニュース

スズキのグローバルカー「スイフト」一新

スズキは、同社の世界戦略車である小型乗用車「スイフト」をフルモデルチェンジし、2004年11月1日に発売した。

■日本を皮切りに4カ国で

軽自動車「Kei」をベースにした、1.3リッター直4エンジン搭載の小型乗用車として2000年1月に誕生したのが「スイフト」。国内ではちょっと地味めでも、欧州などではWRCのエントリークラスJWRCに「イグニス」として参戦するなど、スズキのグローバル戦略を担うモデルとしての礎を築いてきた。

初のフルモデルチェンジではプラットフォームを一新し、本格的な世界戦略車として船出する。9月のパリサロンでお披露目されたこのニューモデルは、日本をはじめ、ハンガリー、インド、中国の世界4カ国で生産され、各国でリリースされる予定なのだ。

5ドアボディのサイズは、全長×全幅×全高=3695×1690×1510(4WDは1535)mm、ホイールベース=2390mmとやや大型化。これに、3psパワーアップした「M13A型」1.3リッター直4(91ps/6000rpm、12.0kgm/4000rpm)、あるいは「M15A型」という1.5リッター(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)を載せる。
トランスミッションは4段ATが組みあわせられ、1.3リッターは5段MTもラインナップ。FFに加えフルタイム4WD仕様も用意する。

装備面では、全車にエアコン、パワーステアリング、キーレスエントリーなどを標準で与え、また前席SRSエアバッグ、4輪ABS、SRSカーテンエアバッグ(1.5リッターにオプション)、フロントシートSRSサイドエアバッグ(同じくオプション)などで安全面をカバーする。

価格は、1.3リッター+5MT+FFの101万3250円から、1.5リッター+4AT+4WDの154万3500円まで。月3000台の販売を目指す。

なお、価格をウリとした「スイフトSE-Z」(税抜き79.0万円)と、3ドア+1.5リッターの「スイフトスポーツ」は従来型が継続販売される。

(webCG 有吉)

スズキ「スイフト」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/swift/

 
スズキのグローバルカー「スイフト」一新の画像


 
スズキのグローバルカー「スイフト」一新の画像

新しくなったプラットフォーム。サスペンションは、前マクファーソンストラット、後トーションビーム式を採用した。
 

	新しくなったプラットフォーム。サスペンションは、前マクファーソンストラット、後トーションビーム式を採用した。
	 


 
スズキのグローバルカー「スイフト」一新の画像

旧型比で、フロントトレッドが+65mm、リアが+95mmも広がり、走行安定性が向上したという。
 

	旧型比で、フロントトレッドが+65mm、リアが+95mmも広がり、走行安定性が向上したという。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る