WRCスペイン、マルティン2連勝でランキング2位争い激化【WRC 04】

2004.11.01 自動車ニュース

【WRC 04】WRCスペイン、マルティン2連勝でランキング2位争い激化

世界ラリー選手権(WRC)第15戦ラリー・カタルーニャが、2004年10月29日から31日にかけて、スペインにあるビーチリゾート地、ジョレット・デマール周辺で行われた。前戦コルシカに続くターマックラリーで、フォードのマルコ・マルティンが2連勝。今シーズン3勝目をあげた。

プジョーのマーカス・グロンホルムが2位、スペインの英雄、シトロエンのカルロス・サインツは、地元で最後の雄姿を披露しながら3位フィニッシュを果たした。

前戦に引き続きアスファルトで絶好調の「フォード・フォーカスRS WRC」。マルティン、そしてチームメイトのフランソワ・デュヴァルに、2004年チャンピオン、シトロエンのセバスチャン・ロウブをまじえて首位争奪戦が繰り広げられたが、デュヴァルは初日最後のSSでホイールを痛め脱落。ロウブのシトロエンにもトラブルが起き、新チャンピオンは今シーズン2度目のリタイアをきっした。

これで優位に立ったマルティンは、後方から追い上げるグロンホルムを振り切り、2戦連続ポディウムの中央にのぼった。グロンホルムにとっては、8月のフィンランドでの勝利以来、久々の上位フィニッシュとなる。

ドライバー、マニュファクチャラー両タイトルは既に決定しているものの、ドライバーズランキング2位争いは熾烈だ。
今回5位に終わり、現在ランキング2位につくスバルのペター・ソルベルグに、3位マルティンが3点差まで詰め寄っているのだ。

残りはいよいよ1戦のみ。オーストラリアでのフィナーレは、11月12日から14日まで開催される。

(文=webCG 有吉/写真=フォード)

WRCスペイン、マルティン2連勝でランキング2位争い激化【WRC 04】の画像

フォードのウェポン「フォーカスRS WRC」は、アスファルトで絶好調。マルティンは、2位マーカス・グロンホルムに23.2秒差をつけゴールした。

フォードのウェポン「フォーカスRS WRC」は、アスファルトで絶好調。マルティンは、2位マーカス・グロンホルムに23.2秒差をつけゴールした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。