日産、新型「ティーダラティオ」で“セダンをシフト”

2004.10.29 自動車ニュース

日産、新型「ティーダラティオ」で“セダンをシフト”

日産自動車は、コンパクトハッチ「ティーダ」ベースの3ボックスセダン「ティーダラティオ」を、2004年10月29日に発売した。

■「モダンで高級」

「SHIFT_sedan standards」(セダンの基準をシフトする)を標榜する「ティーダラティオ」は、9月30日にデビューしたばかりの「ティーダ」から派生したコンパクトな3ボックスセダン。いわば「トヨタ・ヴィッツ/プラッツ」や「ホンダ・フィット/フィットアリア」などと似た成り立ちであり、車型以外、機関や大きさなどの基本骨格はティーダと同じである。

ティーダのモダンリビングを思わせるインテリアを活かしつつ、木目調パネルなどでアクセントをつけて質感を向上。「モダンで高級」をキャッチにハッチバックとの差別化を図った。セダンならではのラゲッジルーム容量は467リッターという。

パワートレインはティーダと同じ、1.5リッター直4(109ps/6000rpm、15.1kgm/4400rpm)にCVT、または4ATの組み合わせ。FFのみならず、後輪をモーターでオンデマンド駆動する「e-4WD」もラインナップする(ヨンク版はAT仕様)。ハッチ同様、2005年初頭に1.8リッター直4モデルが追加される予定だ。

価格はティーダとほとんど変わらず。セダンのみに設定されたベーシックグレード「15B」(FF/4AT)は132.3万円からと、ティーダのエントリー車(15S=142.8万円)より安い。
月の目標販売台数は3000台という。

日産は、2004年9月に発表したSUV「ムラーノ」の発表会で、今秋以降にリリースする6車種を同時に発表するという斬新なプレゼンテーションを実施。「SHIFT_」(変革すること)をテーマにプロダクト攻勢をかけている。
“高級車をシフト”する、「セドリック/グロリア」の後継「フーガ」は、10月14日の発表から2週間で、目標の2000台を大きく上まわる約6500台を受注。好調な滑り出しを見せているという。

(文=webCGオオサワ/写真=峰昌宏)

日産自動車「ティーダラティオ」:
http://www2.nissan.co.jp/LATIO/top.html

 
日産、新型「ティーダラティオ」で“セダンをシフト”の画像

「モダンで高級」を謳うインテリア。木目調のパネルやシフトノブでは、高級木という「栃の木」の縮み杢の短冊切りを再現した、と、こだわりをアピール。
装備面では、Bluetoothハンズフリー機能を備える「カーウイングス対応TV/ナビゲーション(DVD)」や、車両左前方の死角をカバーする「サイドブラインドモニター」、後方をモニター表示する「バックビューモニター」などをオプション設定する。
 

	「モダンで高級」を謳うインテリア。木目調のパネルやシフトノブでは、高級木という「栃の木」の縮み杢の短冊切りを再現した、と、こだわりをアピール。
	装備面では、Bluetoothハンズフリー機能を備える「カーウイングス対応TV/ナビゲーション(DVD)」や、車両左前方の死角をカバーする「サイドブラインドモニター」、後方をモニター表示する「バックビューモニター」などをオプション設定する。
	 

基本はハッチと同じ「ティーダラディオ」。最大のポイントは467リッターのトランクを備えていること。
 

	基本はハッチと同じ「ティーダラディオ」。最大のポイントは467リッターのトランクを備えていること。
	 

安全面では、前席アクティブヘッドレスト、前席デュアルエアバッグを全車に標準装備。環境面では、全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」をクリアするなどした。
なお、福祉車両「ライフケアビークル」として、「アンシャンテ」「ドライビングヘルパー」も用意する。
 

	安全面では、前席アクティブヘッドレスト、前席デュアルエアバッグを全車に標準装備。環境面では、全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」をクリアするなどした。
	なお、福祉車両「ライフケアビークル」として、「アンシャンテ」「ドライビングヘルパー」も用意する。
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る