オペル「メリーバ」「シグナム」05年モデル発売

2004.10.29 自動車ニュース
 

オペル「メリーバ」「シグナム」05年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペルの小型ミニバン「メリーバ」と、「ベクトラ」ベースの上級ワゴン「シグナム」の2005年モデルを、2004年11月6日に発売する。

 

■上級「メリーバ1.6 Sport」加わる

2004年2月に日本デビューした「ヴィータ」ベースの小さなミニバン「メリーバ」。05モデルのトピックは、スポーティグレードたる「1.6 Sport」の追加だ。

エンジンは既存「1.6」と同じ1.6リッター直4(100ps、15.3kgm)ながら、車両安定に寄与するとされる「ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)」が与えられた仕様。加えて、本革巻きステアリングホイール、16インチアルミホイール、フロントフォグランプなどを装備し、上級化を図った。
また両グレードで、6連奏CDチェンジャーとオーディオリモートコントロールを標準装備とした。

価格は、1.6が229.0万円、1.6 Sportは245.0万円となる。


「シグナム3.2」
 

■内容の充実、「シグナム」

「ベクトラ」シリーズのトップ「シグナム」では、外装変更や装備追加が行われた。
ダークヘッドランプやリアランプレンズ、クロームフロントグリルなどでエクステリアをリフレッシュ。さらに「2.2」「3.2」ともに6連奏CDチェンジャーを標準で与えた。

加えて3.2では、走行状況に応じてサスペンションセッティングの最適化を行う「CDC(コンティニュアス・ダンピング・コントロール)」と、スポーツモード付きの電子制御システム「IDS(インタラクティブ・ドライビング・システム)」を標準搭載とした。

グレードは前年モデル同様、「2.2」(2.2リッター直4/385.0万円)と「3.2」(3.2リッターV6/450.0万円)となる。

(webCG 有吉)

 

オペル:
http://www.opel.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メリーバの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る