オペル「メリーバ」「シグナム」05年モデル発売

2004.10.29 自動車ニュース
 

オペル「メリーバ」「シグナム」05年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペルの小型ミニバン「メリーバ」と、「ベクトラ」ベースの上級ワゴン「シグナム」の2005年モデルを、2004年11月6日に発売する。

 

■上級「メリーバ1.6 Sport」加わる

2004年2月に日本デビューした「ヴィータ」ベースの小さなミニバン「メリーバ」。05モデルのトピックは、スポーティグレードたる「1.6 Sport」の追加だ。

エンジンは既存「1.6」と同じ1.6リッター直4(100ps、15.3kgm)ながら、車両安定に寄与するとされる「ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)」が与えられた仕様。加えて、本革巻きステアリングホイール、16インチアルミホイール、フロントフォグランプなどを装備し、上級化を図った。
また両グレードで、6連奏CDチェンジャーとオーディオリモートコントロールを標準装備とした。

価格は、1.6が229.0万円、1.6 Sportは245.0万円となる。


「シグナム3.2」
 

■内容の充実、「シグナム」

「ベクトラ」シリーズのトップ「シグナム」では、外装変更や装備追加が行われた。
ダークヘッドランプやリアランプレンズ、クロームフロントグリルなどでエクステリアをリフレッシュ。さらに「2.2」「3.2」ともに6連奏CDチェンジャーを標準で与えた。

加えて3.2では、走行状況に応じてサスペンションセッティングの最適化を行う「CDC(コンティニュアス・ダンピング・コントロール)」と、スポーツモード付きの電子制御システム「IDS(インタラクティブ・ドライビング・システム)」を標準搭載とした。

グレードは前年モデル同様、「2.2」(2.2リッター直4/385.0万円)と「3.2」(3.2リッターV6/450.0万円)となる。

(webCG 有吉)

 

オペル:
http://www.opel.co.jp/

関連キーワード:
メリーバシグナムオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・メリーバ(2ペダル5MT)【試乗記】 2004.3.3 試乗記 オペル・メリーバ(2ペダル5MT)
    ……232.0万円

    ミニバン人気の日本市場に、オペルが期待をかけて投入するコンパクトミニバン「メリーバ」。神奈川県で開かれたプレス向け試乗会で、『webCG』オオサワが乗った。


  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • 【Movie】新しいエントリーモデルの重要性(オペル「メリーバ」試乗会速報その1) 2004.2.28 自動車ニュース 2004年2月25日、ブリッツマークのニューモデル、「オペル・メリーバ」のプレス向け試乗会が行われた。欧州では、03年3月のデビューから12月までに約11万5000台を販売し、クラストップのシェアを獲得したというコンパクトミニバンだ。
  • 【ニューヨークショー2018】トヨタ、新型「RAV4」を世界初披露
    2018.3.28 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、米国仕様の新型「RAV4」を世界初披露すると発表した。米国では2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)、日本では2019年春頃の発売を予定しているという。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
ホームへ戻る