【スペック】全長×全幅×全高=4610×1695×1640mm/ホイールベース=2785mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4 DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/価格=189万円(テスト車=231万1050円)

トヨタ・アイシスL 1.8(4AT)【ブリーフテスト(前編)】

トヨタ・アイシスL 1.8(4AT)(前編) 2004.10.28 試乗記 ……231万1050円総合評価……★★★★2004年9月28日にデビューした、トヨタの新型ミニバン「アイシス」。電動スライドドアを開けることで1890mmという幅広エントランスを実現した「パノラマオープンドア」が特徴だ。ベーシックグレード「L」の1.8リッターモデルに、別冊CG編集室の道田宣和が乗った。
(写真=トヨタ自動車)

こう見えて、スポーツカー?

センターピラーレスとスライドドアを組み合わせ、例外的な乗降性の良さを売りものにする「アイシス(Isis)」は、同様の特徴を持った「ポルテ」に次ぐモデル。アイシスはクルマ自体がひとクラス上とあって開口部がさらに広く、背丈をほどほどに抑えたフォルムがより乗用車的でもある。単なるファミリーカーと見えて実はスポーティなことも意外だった。

いいことずくめのようだが、テスト期間の大半を運転手として過ごした立場からすると、正直言ってポルテほどの感激がなかったのも事実である。ポルテがボディのつくりまで違う、徹底した左右非対称で見た目にもユニークなのに対して、こちらは比較的地味な外観と同乗者にしか享受できない、あるいは知り得ない長所がいまひとつわかりにくかったからだ。

ドライバーにとっては気持ちいいそのスポーティさも、クルマの性格からすればいささかチグハグの感を免れない。ただし、それでもなおかなりの意欲作であるのはたしかだ。

(写真=トヨタ自動車)

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ひとことで言えば「ガイア」の後継車。独自の外板を除けばスカットルから前が「ウィッシュ」、後ろが「ヴォクシー」からの流用なのだそうだ。全高1640mmの(セミ)ハイトワゴンで、ホイールベースは2785mmと長めだから、「ホンダ・オデッセイ」ほど平べったくないけれど、それに近いプロポーションを特徴とする。

一方、「ポルテ」との違いはディメンションや排気量のほかに、ドアの数(3ドア対5ドア)とその形式(ポルテは右=スイングドア/左=スライドドア、アイシスは左右とも前=スイングドア/後=スライドドア)、そしてシートの数や配置(ポルテは前2名+後3名の2列、アイシスは前2名+中3名+後2名の3列)が挙げられる。

横置き前輪駆動のエンジンはともに直4 DOHCの「1AZ-FSE型」(理論空燃比燃焼の「ストイキD-4」式直噴)2リッター155psと、「1ZZ-FE型」1.8リッター132psが用意され、前者は最新仕様のCVTと、後者は通常の4ATと組み合わされる。2リッターでは4WDが選べるが、1.8リッターは2WDのみだ。

アイシスは燃費その他の理由からモデルに合わせて微妙にスペックを使い分けており、例えばパワーステアリングはスポーティモデルたる「プラタナ」の2リッター版と4WDが油圧式、それ以外が電動式である。また、ともにオプション設定ながら2リッターのG-BOOK対応型DVDカーナビゲーションには道路状況に合わせてコーナー手前で機械が自動的にエンジンブレーキをかける「NAVI・AI-SHIFT」機能が付くが、1.8リッターのそれには付かないといった具合だ。
プラタナはワイドなフェンダーが独自で全幅が15mm広く、3ナンバー扱いとなる。

(グレード概要)
排気量と駆動方式、グレードの順列組み合わせにより全13車種で構成されるシリーズのうち、テストしたのは下から2番目の1.8リッター「L」(2WD/4AT)。さぞかし貧相なモデルかと思いきや実はさにあらず、これはこれで充分と言えた。
オートエアコン、リモコンドアロック、ワンタッチ式パワーウィンドウ(全席上下とも)といった必需品はむろんのこと、同乗者にとっての“メインゲート”たる左側には全車パワースライドドアが標準なのである。

テスト車はたまたまオプションで豪華なAVセンターを備えていたが、敢えてそれを選ばなくてもCD一体型AM/FMチューナーくらいは最初から付いている。(中編につづく)

(文=道田宣和(別冊CG編集室)/写真=峰昌宏/2004年10月)

トヨタ・アイシスL 1.8(4AT)【ブリーフテスト(中編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015875.html

トヨタ・アイシスL 1.8(4AT)【ブリーフテスト(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015876.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る