“ワンボックスオフローダー”「三菱デリカスペースギア」一部改良

2004.10.27 自動車ニュース

“ワンボックスオフローダー”「三菱デリカスペースギア」一部改良

三菱自動車は、本格派4WD「パジェロ」ベースのワンボックス「デリカスペースギア」の内外装一部見直しなどを行い、2004年10月25日に発売した。

ヘッドランプエクステンションなどにシルバーの光輝処理を施したのに加え、ターンランプやテールゲートランプをクリアレンズに変更。エクステリアに都会的な印象を与えたという。
インテリアでは、メーター文字盤をシルバーに変更するなどし質感の向上を図った。上級グレード「シャモニー」は、シート生地をアルカンタラにし、本革巻きステアリングホイールを与えるなどして、高級感を高めた。
さらに、全車のフロントスクリーンに、紫外線&赤外線をカットする撥水ガラスを採用。ドアミラーには親水処理を施し、悪天候時の視界を向上させた。

グレード体系は、ディーゼルエンジンを廃して3リッターV6ガソリンユニットに一本化。「シャモニーエアロルーフ」(266.7万円)「シャモニーハイルーフ」(270.9万円)「スーパーエクシードクリスタルライトルーフ」(367.5万円)の3種類となる。

(webCGオオサワ)

三菱自動車工業:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。