スーパースポーツ「SLRマクラーレン」、5775万円也

2004.10.27 自動車ニュース
 

スーパースポーツ「SLRマクラーレン」、5775万円也

メルセデスベンツとレース界の名門マクラーレンによって開発されたスーパースポーツ「メルセデスベンツSLRマクラーレン」。ダイムラークライスラー日本は、2004年10月26日、その日本における販売価格を発表した。プライスは5775万円。受注生産方式を採る。


「シルバーアローレザー」のインテリアオプションが129万1500円、19インチの「タービンデザインアルミホイール」は121万8000円と、価格もスーパー。ちなみに、「ポルシェ・カレラGT」は5020万円、「フェラーリ・エンツォ」は7000万円以上(欧州価格)だ。
 

2003年のフランクフルトショーでお披露目された「メルセデスベンツSLRマクラーレン」は、メルセデスベンツとマクラーレンが開発したスーパースポーツ。SLRの名は、ファン・マヌエル・ファンジオやスターリング・モスらがドライブし、1955年のロードレース界を席巻したレースカー「SLR」にちなんでつけられた。

アルミフレームとやカーボンコンポジット素材で構成されたロングノーズのボディには、最高出力626ps/6500rpm、最大トルク79.5kgm/3250-5000rpmを発生する、5.5リッターV8スーパーチャージャーユニットを搭載。5段ATを介して後輪を駆動する。
静止状態から100km/hまでたった3.8秒、最高速度は334km/hに達するという。
サスペンションは前後ダブルウィッシュボーン、強大なパワーを受け止めるブレーキは、フロント8ピストン、リア4ピストンのカーボンファイバー強化セラミックブレーキ「C-BRAKE」だ。


【スペック】
全長×全幅×全高=4675×1925×1275mm/ホイールベース=2700mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8SOHCスーパーチャージャー付き(626ps/6500rpm、79.5kgm/3250-5000rpm)/価格=5775万円
 

インテリアは、ナッパレザーやアルカンタラ、アルミニウムパネルなどを多用した豪奢仕様であることはいうまでもない。装備品は、左右独立式エアコンやBOSE製オーディオシステム&6連奏CDチェンジャー、クルーズコントロールなどもちろん豊富だ。ベンツ自慢の電子制御ブレーキ「SBC」(センソトロニック・ブレーキ・コントロール)や「SBCストップ」などの付加機能、車両安定性を高めるESPなど、安全装備も充実する。

英国の専用工場で小量生産される特殊なモデルのため、販売はダイムラークライスラーが直接行う。「マイバッハ」と同様、「パーソナル・リエゾン・マネージャー」が、商談から契約、アフターサービスまでを担当するという。

(webCGオオサワ)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLRクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る