「三菱コルト」、新型エンジンを搭載するなど改良

2004.10.26 自動車ニュース
 

「三菱コルト」、新型エンジンを搭載するなど改良

三菱自動車は、コンパクトカー「コルト」の内外装をリフレッシュするとともに、新型エンジンを搭載するなどの改良を施し、2004年10月25日に発売した。



 

リアオーバーハングを300mmストレッチした派生車種「コルトプラス」の発表と同時に、オリジナルの「コルト」にも改良が施された。
新型では、内外装をリフレッシュ。エンジンをオールアルミユニットに変更したほか、1.5リッターターボを積む「ラリーアート」仕様を追加するなど内容の充実が図られた。

エクステリアでは、前後バンパーの意匠を変更。クロームメッキを配したフロントグリルを採用し、高級感を演出した。またインテリアでは、ヘッドレストを大型化したほか、一部グレードに白照明のハイコントラストメーターを与え、質感を高めた。



 

エンジンは、従来の鋳鉄ブロックから一新。プラットフォームを共用する「スマート・フォーフォー」と同じ、独MDC Power社製のオールアルミエンジンに換装された。
従来比で1.3リッターが2psと0.3kgm増しとなる92ps/6000rpmと12.6kgm/4000rpm、1.5リッターは7psと0.9kgmアップとなる、105ps/6000rpmと14.4kgm/4000rpmを発生する。
スポーティな新グレード「ラリーアート」は、従来の1.5リッターユニットにターボチャージャー+インタークーラーを付与したエンジンを搭載。最高出力147ps/6000rpm、最大トルク18.3kgm/2500rpmのアウトプットを誇る。いずれのトランスミッションも、無段変速機CVTが組み合わされる。

価格は、1.3リッターモデルが105.4万円から、1.5リッターは117.4万円から。いずれもFFに加え4WDを設定する。
またターボ版「ラリーアート」はFFのみで、166.0万円となる。
コルトプラスとあわせ、コルトシリーズで月販4000台を目指す。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る