「シトロエンC3」、グレードが増え5車種に

2004.10.22 自動車ニュース
 

「シトロエンC3」、グレードが増え5車種に

シトロエンジャポンは、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」のラインナップと価格を変更し、2004年11月6日に発売する。

 

2002年10月に日本上陸を果たした「シトロエンC3」。これまで1.4リッター「1.4」と1.6リッター「1.6」の2グレード+2つのパッケージオプションだった車種構成を、オプションをグレード化することで5種類とした。

1.4リッターモデルは、フロントフォグランプを追加したベーシックな「1.4」(194万6700円)と、ボディ同色バンパーや15インチアルミホイールで飾った「1.4スタイルパッケージ」(202万6500円)、レザーシート、革巻きステアリングホイール、クルーズコントロール、バックソナーなど装備を盛り込んだ「1.4コンフォートパッケージ」(223万6500円)の3台。
スタイルパッケージはオプション時より1万円、コンフォードパッケージは9000円値下げされた。

一方の1.6リッター車はより上級化を目指し、クローム調シルバーで塗られたドアハンドルや革巻きステアリングホイール、クルーズコントロールを標準で与えた「1.6エクスクルーシブ」(213万1500円)と、1.4と同じく「1.6コンフォートパッケージ」(231万円)の2本立てとした。

さらに、1.6リッターエンジンに組まれる2ペダル5段MT「センソドライブ」に小変更を加えた。
従来型では「オートモード」で走行中にパドル(あるいはシフトレバー)で変速すると自動的に「マニュアルモード」に移行したが、新型ではオートモードに戻る仕様とした。マニュアルモードにしたい場合は、シフトレバーの基部にある「AUTO」ボタンをオフにすればいい。
また、ブレーキを踏まずにエンジン始動すると、「フットオンブレーキ」インジケーターが点滅するようにした。

(webCG 有吉)

 

シトロエンジャポン「C3」:
http://www.citroen.co.jp/products/c3/

関連キーワード:
C3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
  • BMW G310GS(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.23 試乗記 BMWの世界戦略を担う小排気量モデル「G310」シリーズ。その第2弾として、BMW得意のアドベンチャースタイルをまとう「G310GS」が登場した。圧巻のブランド力を誇る、“GS”という看板を背負った最新モデルのライドフィールを一言で表すと?
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る