「シトロエンC3」、グレードが増え5車種に

2004.10.22 自動車ニュース
 

「シトロエンC3」、グレードが増え5車種に

シトロエンジャポンは、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」のラインナップと価格を変更し、2004年11月6日に発売する。

 

2002年10月に日本上陸を果たした「シトロエンC3」。これまで1.4リッター「1.4」と1.6リッター「1.6」の2グレード+2つのパッケージオプションだった車種構成を、オプションをグレード化することで5種類とした。

1.4リッターモデルは、フロントフォグランプを追加したベーシックな「1.4」(194万6700円)と、ボディ同色バンパーや15インチアルミホイールで飾った「1.4スタイルパッケージ」(202万6500円)、レザーシート、革巻きステアリングホイール、クルーズコントロール、バックソナーなど装備を盛り込んだ「1.4コンフォートパッケージ」(223万6500円)の3台。
スタイルパッケージはオプション時より1万円、コンフォードパッケージは9000円値下げされた。

一方の1.6リッター車はより上級化を目指し、クローム調シルバーで塗られたドアハンドルや革巻きステアリングホイール、クルーズコントロールを標準で与えた「1.6エクスクルーシブ」(213万1500円)と、1.4と同じく「1.6コンフォートパッケージ」(231万円)の2本立てとした。

さらに、1.6リッターエンジンに組まれる2ペダル5段MT「センソドライブ」に小変更を加えた。
従来型では「オートモード」で走行中にパドル(あるいはシフトレバー)で変速すると自動的に「マニュアルモード」に移行したが、新型ではオートモードに戻る仕様とした。マニュアルモードにしたい場合は、シフトレバーの基部にある「AUTO」ボタンをオフにすればいい。
また、ブレーキを踏まずにエンジン始動すると、「フットオンブレーキ」インジケーターが点滅するようにした。

(webCG 有吉)

 

シトロエンジャポン「C3」:
http://www.citroen.co.jp/products/c3/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る