メルセデスのSUV「Mクラス」にドレスアップした特別仕様車

2004.10.22 自動車ニュース
 

メルセデスのSUV「Mクラス」にドレスアップした特別仕様車

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのSUV「Mクラス」に、内外装を飾った特別仕様車「ML350スペシャルエディション」を設定、2004年10月21日に発売した。

 

主に北米市場に向けた、米豪で生産されるSUV「Mクラス」。現在日本では3.7リッターV6搭載「ML350」のモノグレード設定となる。

特別仕様車「ML350スペシャルエディション」は、フロントグリルをクローム付きシルバーに、ドアハンドルとテールゲートトリムもクロームとするなどし、スポーティなイメージを強調した仕様。さらに足もとは専用デザイン5スポークアルミホイールとワイドタイヤ(275/55R17)、ルーフはアルミニウムレールでアクセントを付ける。

加えて車内には、アルカンタラと本革を組み合わせたスポーツシートやクロームリング付きメーターパネルを配し、また内装色に応じて2種類の異なるウッドトリムを選択できるようにした。

価格は、ベース車の21.0万円高、609.0万円。

(webCG 有吉)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
ホームへ戻る