「メルセデスEクラス」に、グラスルーフの特別仕様車など

2004.10.22 自動車ニュース

「メルセデスEクラス」に、グラスルーフの特別仕様車など

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのアッパーミドルセダン「E240」「E320」と同ワゴン「E320ステーションワゴン」に、本革シートなど奢った特別仕様車「アバンギャルドリミテッド」を設定。合計1100台の限定で、2004年10月20日に発売した。

「E240」をベースとした「E240アバンギャルドリミテッド」は、専用サスペンションやスポーティな内装などがパッケージとなった「アバンギャルド仕様」に加え、本革シートやバイキセノンヘッドランプなどの快適装備が与えられたモデルだ。

「E320アバンギャルド」をベースとする「E320アバンギャルドリミテッド」は、ルーフ全体がグラスエリアになる「パノラミッククスライディングルーフ」を日本仕様として初導入(セダンのみ)。ワゴン版には、自動開閉テールゲートや、様々なかたちのものを固定できるフィックスキットが備わるのに加え、エアサスペンションと電子制御ダンパーを組み合わせた「AIRマティックDCサスペンション」が与えられる。

いずれも右ハンドルで、「E240アバンギャルドリミテッド」が500台、「E320」はセダン/ワゴンそれぞれ300台の限定販売となる。

価格は以下の通り。(カッコ内はベース車比)

●Eクラス アバンギャルドリミテッド
E240(FR/5AT):670.0万円(+33.7万円)
E320(FR/5AT):800.0万円(+33.5万円)
E320ステーションワゴン(FR/5AT):830.0万円(+25.7万円)

(webCG 本諏訪)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
「メルセデスEクラス」に、グラスルーフの特別仕様車などの画像

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
ホームへ戻る