「日産クリッパー」、環境・安全性能アップ

2004.10.21 自動車ニュース

「日産クリッパー」、環境・安全性能アップ

日産自動車は、軽商用車「クリッパー」(「三菱ミニキャブ」OEM版)を一部改良し、2004年10月20日に発売した。

2002年4月に投入した乗用車「モコ」(中身は「スズキMRワゴン」)、そして昨2003年10月発売の商用車「クリッパー」をもって軽市場に参入している日産。トラック、バンなどを揃える“働くクルマ”クリッパーに施された改良は、環境・安全性能の向上である。

全車「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」に適合するとともに、一部車種でグリーン税制適用の対象となる「平成22年度燃費基準+5%」を達成した。

バンには助手席SRSエアバッグと頭部衝撃緩衝材付きアシストグリップ(運転席側)を標準で与え、さらにフロントまわりの車体を補強するなど、衝突安全性の向上を図った。

また、「ダンプ」シリーズ、福祉車両「ライフケアビークル」「チェアキャブ」など特装車についても、装備向上などの一部を改良し、同時にグレード体系を見直した。

価格は、トラック(FR/5MT)の60万3750円など。

(webCG 有吉)

【関連記事】
三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013869.html

日産自動車「クリッパートラック」:
http://www.nissan.co.jp/CLIPPER/TRUCK/

 
「日産クリッパー」、環境・安全性能アップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達 2013.8.29 自動車ニュース 日産と三菱が、スズキから軽商用車のOEM供給を受けることで同社と合意した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • ダイハツ、「タント」を改良し安全性を強化 2016.11.30 自動車ニュース ダイハツ工業は2016年11月30日、軽乗用車「タント」に一部仕様装備の変更を実施し、販売を開始した。今回の改良では、新開発の衝突回避支援システム「スマートアシストIII」の搭載や、装備面の強化が実施されている。
ホームへ戻る