「日産クリッパー」、環境・安全性能アップ

2004.10.21 自動車ニュース

「日産クリッパー」、環境・安全性能アップ

日産自動車は、軽商用車「クリッパー」(「三菱ミニキャブ」OEM版)を一部改良し、2004年10月20日に発売した。

2002年4月に投入した乗用車「モコ」(中身は「スズキMRワゴン」)、そして昨2003年10月発売の商用車「クリッパー」をもって軽市場に参入している日産。トラック、バンなどを揃える“働くクルマ”クリッパーに施された改良は、環境・安全性能の向上である。

全車「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」に適合するとともに、一部車種でグリーン税制適用の対象となる「平成22年度燃費基準+5%」を達成した。

バンには助手席SRSエアバッグと頭部衝撃緩衝材付きアシストグリップ(運転席側)を標準で与え、さらにフロントまわりの車体を補強するなど、衝突安全性の向上を図った。

また、「ダンプ」シリーズ、福祉車両「ライフケアビークル」「チェアキャブ」など特装車についても、装備向上などの一部を改良し、同時にグレード体系を見直した。

価格は、トラック(FR/5MT)の60万3750円など。

(webCG 有吉)

【関連記事】
三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013869.html

日産自動車「クリッパートラック」:
http://www.nissan.co.jp/CLIPPER/TRUCK/

 
「日産クリッパー」、環境・安全性能アップの画像

関連キーワード:
NV100クリッパーNT100クリッパー日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。