「エンジンルーム内のカバーは何のため?」

2004.10.21 クルマ生活Q&A エンジン

「エンジンルーム内のカバーは何のため?」

最近のクルマのエンジンルームに、カバーのようなものが多く見られますが、あれは何のためでしょうか? 見た目のためでしょうか。それとも何か考えられているのでしょうか。私はカバーがない方が、放熱などにはいいように思いますが。教えてください。(TNさん)

お答えします。そうなんですね。最近はたいていのエンジンにカバーがかけられています。スッキリとデザインされたカバーには、主に2つの意味があります。

1つは単純に“ボロ隠し”です。このカバーを外すとエンジンが目に飛び込んできます。エンジンには様々なエミッションコントロールのバルブや、インジェクターの電装関係の配線などが、ゴチャゴチャと張りめぐらされています。汚いエンジンを隠して、見栄えを良くしているのですね。

2つ目は静粛性です。カバーに使われている素材の「エンプラ(エンジニアリング・プラスチック)」は、振動を吸収し消音する作用があります。すこし高価なクルマのエンジンに、しっかりと全体にわたって装着されているのは音消しのためです。
もちろんプラスチックですから、放熱性は良くありません。しかし、本来の冷却装置で過熱を防ぐことは十分できますし、空気の流れもあるので熱がこもることはありません。

クルマ生活Q&Aトップへ

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!