【スペック】全長×全幅×全高=4625×1695×1850mm/ホイールベース=2825mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/価格=237万3000円(テスト車=319万8300円)

トヨタ・ノアS(CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ノアS(CVT) 2004.10.14 試乗記 ……319万8300円総合評価……★★★★フルモデルチェンジから約3年、50万台を売り上げたヒットミニバンがマイナーチェンジを受けた。全車にCVTを採用し、燃費向上を図った新型のスポーティグレード「ノアS」に、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。
自動車ジャーナリストの笹目二朗

自動車ジャーナリストの笹目二朗


トヨタ・ノアS(CVT)【ブリーフテスト】の画像

トヨタ主義的

このクルマは、ユーザーがどう使うかで評価は分かれる。背の高いワンボックス車的な外観と、シートがそれを象徴している。シートは畳んで使うことを前提としたつくりになっており、いわば貨商車的な用途も想定している。
頻度はすくなくとも、大きな家具や敷物、あるいは長いサーフボードなどレジャー用品を運ぶ機会のある人ならば、大家族(8人乗れる)ファミリーカーとしても便利なクルマだ。ただし、ほとんどの用途をピープルムーバーとして、つまりシートを倒すことなく座って移動するだけの手段に使うのであれば、もっと他に選択肢はある。そのように使う場合、★は3つとなる。真ん中2列目や3列目の雰囲気はライトバン的であり、テレビCMに見るような、ファミリーカーとして楽しそうにドライブするクルマではなさそうだ。
しかし目的地に着いてしまえば、多彩な展開が可能で、ピクニック中に雨に見舞われても、バックドアは大きな屋根に早変わりする。あれこれ盛り込まずに、FFに徹するとか、モーター駆動4WDなど発想を変えれば、さらに低いフロアも可能で大いに魅力を増すはずだ。徹し切れないでそこそこ感を残すところが、トヨタ主義的なクルマである。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年11月、商用ベースの「タウンエースノア」「ライトエースノア」の後継として誕生。新設計のFFプラットフォームを使ってパッケージングを一新、近代化を図った。兄弟車に「ヴォクシー」があり、「ノア」はファミリー指向、ヴォクシーは若者向けと、キャラクターが分けられる。
2004年8月にマイナーチェンジを受け、エンジンを希薄燃焼型から、理論空燃費で燃焼する「ストイキD4」に変更。さらに、トランスミッションを無段変速機「Super CVT-i」に換装し、「平成17年度基準排出ガス50%低減レベル」と「平成22年度燃費基準+5%」をクリアした。
外観は、ヴォクシー、ノアとも、フロントグリルやバンパー、ヘッドランプの意匠を変更し、スポーティ感や力強さを強調。リアコンビネーションランプなどにはLEDを採用し、視認性を高めた。インテリアは、センターメーターとヒーターコントロールパネルのデザインを改め、質感と使いやすさの向上を図った。オプション装備も拡充。一部グレードに、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア、ブラインドコーナーモニターなどを設定した。
5人乗りの2列シート車「ヴォクシーTRANS-X」と「ノアYY」の新設定もニュース。荷室スペース重視の新グレードで、取り外し可能な3枚のデッキボードとシートアレンジとを組み合わせることで、多彩な使い方を実現したという。両モデルの「X」グレードに、助手席側のセカンドシートが電動でせり出す「サイドリフトアップシート装着車」を設定したことも新しい。
(グレード概要)
「ノアS」はスポーティグレード。エクステリアに、専用ラジエーターグリルや前後大型バンパー、リアスポイラーなどのエアロパーツを装着。インテリアは、シート表皮やメーターデザインがスポーティなものとなる。このグレードと、ヴォクシーの同グレード「Z」にのみ、CVTがステアリングホイール上のスイッチで7段シフトできる「ステアシフトマチック」が備わる。



トヨタ・ノアS(CVT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・ノアS(CVT)【ブリーフテスト】の画像
写真クリックすると、シートアレンジが見られます。

写真クリックすると、シートアレンジが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ノアSは、エアロパーツを装着するスポーティな仕様で、たとえ商用目的で使っているときでも楽しく運転できるように、CVTはマニュアルでも7段シフトが楽しめる。ダンパー減衰力を切り換える「H∞TEMS」も備わり、荷物の積み具合によって足の硬さを変えられるのは便利だ。オプションとはいえ、GPSナビゲーションシステムの使い勝手はよく、細部にわたって設けられた収納部も便利である。センターメーターは目から遠く、老眼対策ともとれるが、みんなで監視できる楽しみもある。
ただし、足踏み式サイドブレーキの2度踏みリリース方式は不便だ。
(前席)……★★★
コラムシフトゆえフロアが広々としており、横方向だけでなく後席ともウォークスルーを可能にしている。後部スライドドアと共に、狭い場所に駐車するのにも便利。シートそのものは形状的にやや平板ながら必要な横方向サポートに対しては盛り上がりで対処する。各種調整機構も完備しており、高めに座って見渡す視界の良さは上々。
(2列目シート)……★★★
折り畳みを優先している形状ゆえ見た目は平板ながら、座っているとそれなりに馴染んでくる。乗り心地は、軽い荷重で乗っているとやや上下動が大きく、もっとフラット感が欲しい。
なんといっても、天井が高く居住空間的に広々としているのがイイ。大きな両側スライドドアはそれなりに便利。横に狭い場所への駐車でもドアをぶつける心配がない。
(3列目シート)……★★★
バックドアのガラスがすぐ後ろに迫っていて、後部からの追突に対する不安はあるものの、空間的には十分な余裕がある。横並び3人がけはちょっときついが、犠牲になっている感覚は薄い。乗り心地としてはややトラック的な硬さがある。ピッチングによる上下動は気になるが、ロードノイズなど音的な分野はよくチェックされている。
(荷室)……★★
このクルマはシートアレンジも多彩で、折り畳んで使うことを前提にしている。よって荷物を積みたければ大量に積める可能性を持つ。だから純粋な意味でのトランクはそれゆえに犠牲にされているから★は1つだが、FFシャシーらしく低く深い物入れがあって★を1つ追加。本来ならばもっと利用できそうな空間は確保できるはずだが、これは4WD仕様も想定したフロアのための妥協とみられる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
「ストイキD4」エンジンはクリーンな排気と低燃費の実現を目指したものだが、ドライバビリティとしては、もっと低回転でのトルクが欲しい。組み合わされるのはCVTでもあるし、6500rpmも回さなくていい。昔のようにフリーホイールの慣性マスを大きくするとか、レスポンスよりも排気量なりのトルクを重視したチューンが望まれる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
1人から8人乗りという荷重変化に対応したサスペンションチューンは、えてして最大荷重の領域を考慮することになり、軽荷重での乗り心地は硬めになりがち。ハンドリングも乗り心地も、まさにそうした妥協の産物的なレベルにあり、ここから抜け出すためには、さらにひと工夫が必要。膨大な車種をかかえるトヨタ車のなかにあっては、抜けがけが許されないのだろうか。

(写真=峰昌宏/2004年10月)

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2004年9月8日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:683km
タイヤ:--
オプション装備:H∞-TEMS(7万3500円)/音声案内クリアランスソナー(4万2000円)/デュアルパワースライドドア(10万5000円)/前席SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ(7万3500円)/ノア・シアターシステム(G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーション+NAVI・AIシフト付き)+音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター&ブラインドコーナーモニター(53万1300円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(4):山岳路(3)
テスト距離:336km
使用燃料:37.6リッター
参考燃費:8.9km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る