第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である

2004.10.13 エッセイ

第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である

 
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である
白子駅で路線バスを待つの図。いやー、凄かった。住宅地の路地を3〜4往復はしたような……。
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である
 
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である

■ホント、疲れた

久々にF1日本グランプリを観てきました。ついぞ数年ぶりに。俺も“琢磨レーシング教”にハマりかけてるんでね。ついぞ数年ぶりに。結果的には琢磨様4位! 前半はバリバリ3位キープだったんでかなり残念だったけど、でも、琢磨様の攻撃オーラは走ってて十分に感じられたし、彼の教祖的資質は疑いがないと、勝手に解釈いたしました。

でもね、正直、結構ツラかったです。俺、本質的にレース観戦ってダメなのかもなぁ。特にF1。来年はTV観戦に切り替えさせていただくと思います。
というのも情けないハナシ、やっぱ大変なのだ。行き帰りの行程が。東京から名古屋で新幹線、名古屋から白子まで近鉄。それはよかったんだけど、白子からサーキットまでが大渋滞! そ、クルマじゃなくって人の列ね。タクシーもバスもどちらも行列が凄くって、とりあえず勢いでバスに並んじゃった
……だけど、約1時間ほど並んでました。
みんなエラいよなぁ。好きな人なら当たり前なんだろうけど、キレイに秩序正しく並んでます。俺はディズニーランドも嫌いだから、ほとんど行ったことないけど、F1も同じようなレベル。ま、実は行きの東京−名古屋間も約2時間ほど立ってたしね。台風明けで混んでたから。あ、そうそう。サーキット内のトイレでも並びまくり。それも男子トイレの小でね。正直、「鈴鹿、たいしたことないなぁ」って思っちゃいました。その後、トイレ行くのがヤでビール飲むのやめちゃったもんね。

でね、冷静かつ勝手に思うけど、みなさんホント、よく観に行くよね。俺の友達でも毎年行く男がいるけど、ほとほど感心いたします。今回、決勝日の観客は15万6000人だそうだから結構な人数。物凄い集客力だと思う。
それに、ここ3年間は琢磨様がいたからいいけど、これまではいなかったじゃない。それでも決勝日は常に15万人ぐらい集めてたわけでしょ。つくづくF1って凄いコンテンツだよね。

コチラは本番のプレイベントの模様。
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である
トヨタ、張富士夫社長、齋藤明彦副社長までいらっしゃいました。やっぱ地元、気合入ってます。
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である

■非効率的な楽しみ

誤解を恐れずにいうけど、レースの生観戦ってドラマ的にはつまんないと思う。特に最近のF1はね。「同じところをグルグル回ってるだけ」って揶揄するつもりはないけど、抜きつ抜かれつがすくないうえ、観客席から観ててもドライバーの動きは見えないし、表情はもちろん、ドライビングから感情が伝わってくるシーンもすくない。電光掲示板を見なければ、ラップタイムはもちろん、スピードもピットストップタイムもわかりゃしないし、ヘタすると順位すらわからなくなるときだってある。正直、TV観戦で十分。っていうか逆に、TVの方がレースがよくわかる。

ラリージャパンでも感じたけど、実に非効率的なエンターテイメント。それに比べて、サッカー、野球などは全体の流れがわかるし、個々の選手も見られる。それぞれの表情もうかがえるし、試合時間はだいたい2〜3時間だし。レースの場合、予選だ、練習走行だ、なーんだかんだで一日ぐらい平気でつぶれるから、そこもツラい。金額的にも交通費、チケット代を考えると、お一人様10万円コース。うーん……。

こちらはホンダ、福井威夫社長。かなりラフな印象で。
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である
スタート直前の琢磨様。日の丸ハチ巻きまいたスタッフがなんとも……。
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である
スタート直後! がんばれ〜 ノーアタック、ノーチャンスだ〜い。
第167回:人はなぜF1を見るのか?これはおそらく“音とメカとブランドの総合麻薬”である

■ドラッグ的なモノ

だからさ。俺は勝手に思うけど、今のF1生観戦ってもはやドラマを楽しむモノじゃないのよね。もっと直感的なもの。人、メカ、ブランド、いろんな魅力が混ざった総合麻薬。そう考えると、あの女性観客の多さもうなずける。
特にF1の場合、あの音がキモな気がする。俺も音聞いた瞬間はさすがにボルテージ上がるもん。「ウォン、ウォン」ってのを聞いたとたん脈拍が上がってるような。いわばタバコや酒と同じ、多分にドラッグ的なものなのよ。おそらくあのときから、みなさんは集団催眠状態に入るんじゃないでしょうか。

ただ、正直俺ってさ、ブランドもメカもあんまり興味ないのよね。好きなのは人のバトル。だから今のF1は全然物足りない。逆に、バイクレースの最高峰、 WGPは飽きずに見られるもんね。ヴァレンティーノ・ロッシとか玉田とかビアッジとか、悪役善玉(?)いろいろいて非常に楽しい。
ってなわけで久々にF1の魅力について考えてしまいました。っていうか早く琢磨様優勝してくれ! そしたら絶対また観に行くぜ!! そう感じた日本GPでありました。

(文と写真=小沢コージ/2004年10月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』