伊フェラーリ美術館にブリヂストンのタイヤ展示

2004.10.12 自動車ニュース
 

伊フェラーリ美術館にブリヂストンのタイヤ展示

ブリヂストンは、フェラーリの本拠地、伊マラネロのフェラーリ美術館に、2004年8月25日から「エンツォ・フェラーリ」のタイヤなどを展示するブースを設置した。



 

ブリヂストンブースの設置は、「F50」の後継にあたるスーパースポーツ「エンツォ・フェラーリ」に同社のタイヤ「ポテンザ RE050スクーデリア」が新車装着される契約の一環として行われているもの。
ほかに、2003年のF1日本GPで使用したタイヤなどがブースを飾る。展示期間は、2007年8月25日まで。
フェラーリ美術館は、1990年、マラネロ市によって設立された。往年のフェラーリ車やF1マシンなどに加え、技術資料やモータースポーツで獲得した数々のトロフィーなどを見ることができる。

(webCGオオサワ)

フェラーリ:
http://www.ferrari.it/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。