【スペック】全長×全幅×全高=4410×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4 DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/価格=191万1000円(テスト車=230万1600円)

トヨタ・カローララグゼール(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・カローララグゼール(4AT) 2004.10.11 試乗記 ……230万1600円総合評価……★★★2004年4月27日にマイナーチェンジを受け、顔つきがキリッとした「カローラセダン」。最上級「ラグゼール」に、自動車ジャーナリストの河村康彦が乗った。豪華版ベーシックカーはどうなのか?
自動車ジャーナリストの河村康彦

カローラ恐るべし

世界140ヶ国以上で販売されている、まさに“ワールドワイドな”ブランドが「トヨタ・カローラ」。様々な地域に向けてきめ細かな仕様分けが行われているカローラの“日本仕様”が2004年4月27日にマイナーチェンジを受けた。
『webCG』編集部が用意してくれた新型セダンは、しかしボクの目にはあまりカローラらしく映らなかった。たしかに、ちょっとズングリムックリのプロポーションは、実用本位にまとめられたカローラらしい。だが、ちょっと離れて眺めてみると、そのルックスはなんとも無国籍で、いわゆる“無印良品”的な印象が残るのみ。
その原因が、どこかエスニック調でアジアンテイストをアピールする(?)フロントマスクにあると気づくまでに時間はかからなかった。そう、ヒカリモノを多用して飾られたフロントマスクが、ボクが(勝手に)イメージする“カローラ”の顔つきと、どうもそぐわなかったのだ。
テスト車は、最上級グレードの「LUXEL」。ちなみに、読みは「ルクセル」ではなく「ラグゼール」。ラグゼール専用のカタログに目を通してみると、そこには「豊かな気品をさりげなく漂わせ、クラスにとらわれない次の価値観へ……」云々と、ちょっとカローラの謳い文句とは思えない、くすぐったい言葉が並ぶ。
なるほど。そんな“特別なカローラ”だから、ルーフライニングもまるでバックスキン調の素材が奢られているのか……と触れてみたら、その質感がまるでダンボール紙に毛の生えたようなものだったことにビックリ。ま、普通であれば、誰もルーフライニングを撫でまわしたりはしないと思うけれど……。
加速は、予想よりずいぶん強力。ラグゼールの心臓1.8リッター直4のパワーは、132psもあるのだ。山道で“カローラらしからぬ”走りを試してみると、「意外にイケる」。ただし“行儀のよさ”は、あくまで日本での常用速度域に限られる。そんなところに、「一兆円企業」の凄さを見た気がする。カローラ恐るべし。トヨタ恐るべしなのだ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年8月28日に発表された9代目「カローラ」。セダン、ワゴン「フィールダー」、ハッチバック「ランクス」(&「アレックス」)、ミニバン「スパシオ」でファミリーを構成する。
セダンのエンジンラインナップは、1.3リッター(87ps)、1.5リッター(110ps)、1.8リッター(132ps)の3種類(出力は、いずれもFF、AT車)。FF(前輪駆動)のほか、4WDも用意される。
2004年4月27日にマイナーチェンジを受け、セダン/ワゴンの場合、外観上ではフードやフェンダー、フロントグリルやパンパーなどにリデザインが施された。インテリアでは、ダッシュアッパーの意匠変更や加飾パネルの追加、スウェード調シート表皮の採用が新しい。1.8リッターモデルには、ボディのたわみをコントロールするパフォーマンスダンパーが前後に装着され、サスペンションはローダウン化された。
(グレード概要)
セダンは、ベーシック「X」、標準仕様「G」、豪華仕様「LUXEL(ラグゼール)」が基本グレード。ラグゼールは、フロントにエアスパッツが付き、ホイールキャップは金属調塗装される。ヘッドランプはディスチャージ式。フロントフォグが標準で付くのも最上級グレードならでは。内装では、オプティトロンメーターが装備され、シートはスウェード調モケット、ステアリングホイールは合皮巻き、リアシートは6:4の分割可倒式となる。オーディオのスピーカーは6スピーカーだ。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
イグニッションキー「ON」で、指針→目盛りの順で自発光して、プレミアム感を演出する「オプティトロンメーター」。中央部が盛り上がっていて、ユニークな立体感がある。最上級グレードらしく、合皮巻きステアリングホイールや木目調パネルが標準仕様。パワーウィンドウは、全席ワンタッチ式。空調はオートといたれりつくせり。フロントウィンドウはIR(赤外線)の透過を抑え、リアドア、バックガラスは、UVカット機能付きだ。
(前席)……★★★★
ラグゼールのシートは、スウェード調モケット表皮が標準仕様。質感はなかなか高い。ドライバーズシートは、8ウェイのパワー調整機構付きと、もはや“カローラの常識”を逸脱!? 前席はスペースもたっぷりしていて、もはや「これ以上、何を望むのか」という印象だ。
(後席)……★★★
4WDモデルも用意されるカローラ。センタートンネルが意外に大きい。さすがに3人がけはきついが、2人までなら空間的に文句ナシ。中央席にも高さ調節が可能なヘッドレストを備えるが、シートベルトは2点式となる。前席サイドエアバッグとのセットオプションとなるカーテンエアバッグ(6万3000円)は、後席乗員までをカバーする。
(荷室)……★★★
ヨンクモデルも設定されるためか、トランク上面が高いハイデッキスタイルを採るわりに、荷室の深さはいまひとつ。とはいえ、床面積はかなり広い。また、ラグゼールの後席は、6:4の分割可倒式となるので、実際の使い勝手は、ちょっとしたワゴン並だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
ラグゼールの加速は、予想していたよりずいぶん強力。連続可変バルブタイミング機構を備える1.8リッター「1ZZ-FE」ユニットは、最高出力132ps/6000rpm、最大トルク17.3kgm/4200rpmを発生する強心臓なのだ。車重は1.1トンだから、かなり贅沢。
ただ、たしかに強力加速は心地よいが、しかし気筒当たり450cc近い“大排気量”は、よいことばかりではない。燃費を意識してか、極限まで落とされた(タコメーター上ではおよそ600rpm)アイドリング時には、プルプルとちょっと気になる振動を伴う。そういえば、2500rpm付近から上では、アクセルペダルやステアリングホイールにエンジンの振動が伝わってきた。これなど、“普通のカローラ”では感じたことがない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
ワインディングロードを、カローラには“似つかわしくない”と思えるペースでトバしてみると、このクルマは意外や意外、「なかなかイケル」フットワークの持ち主。感心させられたのは、タイヤが「185/70R14」と、現代としては“ショボい”サイズ(!?)にもかかわらず、気になるアンダーステアやオーバーステアをほとんど意識させない、素直なハンドリングだ。
さらに感心させられたのは、そんな“行儀のよさ”が、あくまで日本の常用スピード範囲内に限られるということ。タイヤのグリップをフルに横方向に使うような厳しいシーンになると、ラグゼールは、途端に狙ったラインをトレースしづらくなる。クルマの性能をフルに使うことがすくなくないヨーロッパではともかく、「“日本仕様”がそんなシチュエーションで使われることはまずないから、これでヨシ」ということなのだろう。ある意味、チューニングの妙といえようか。

(写真=清水健太/2004年10月)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2004年6月8日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:625km
タイヤ:(前)185/70R14 88H/(後)同じ
オプション装備:ブラインドコーナーモニター&音声ガイダンス機能付きバックガイドモニター(5万9850円)/VSC(ビークル・スタピリティ・コントロール)(6万8250円)/G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーション(CD/MD一体型ラジオ&6スピーカー)&ガラスプリントTVアンテナ(26万8800円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行形態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:322.5km
使用燃料:25リッター
参考燃費:12.9km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。