【スペック】Xセットオプション付き:全長×全幅×全高=3395×1475×1500mm/ホイールベース=2360mm/車重=770kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3 DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.2kgm/4000rpm)/価格=102万3750円(テスト車=106万6380円/ステレオ+2スピーカー=2万1000円/シートリフター=5250円/フロアマット=1万6380円)

スズキ・アルトX(4AT)/アルトG(3AT)【試乗記】

ちょうどいいスニーカー 2004.10.08 試乗記 スズキ・アルトX(4AT)/アルトG(3AT)……106万6380円/87万7380円1979年5月に初代が発売されて以来、累計届出台数で450万台を超えたスズキの看板モデル「アルト」が6代目に進化した。女性のためのクルマとして成長を続けてきたアルト、その仕上がりのほどは? 自動車ジャーナリスト、生方聡のインプレッション。
自動車ジャーナリストの生方聡

自動車ジャーナリストの生方聡


スズキ・アルトX(4AT)/アルトG(3AT)【試乗記】の画像


スズキ・アルトX(4AT)/アルトG(3AT)【試乗記】の画像

広い、安い、カワイイ

“女性のための○○”といわれると、私など正直なところ2歩も3歩もひいてしまう。特にクルマの場合、女性をイメージしてつくられたモデルに自分が乗っても「似合わないよなぁ……」とわかっているから、仕事じゃなければ運転を遠慮したいところだ。
というわけで、新型「アルト」の試乗はあまり乗り気ではなかったのだが、いざ実物を目の前にすると、不思議と拒絶反応がなかった。
たしかに女性ウケしそうな優しいボディカラーは多いけれど、直線と円を組み合わせたシンプルなエクステリアに抵抗はなく、意外とすんなりクルマに乗り込むことができた。

全高を1500mmに抑え、立体駐車場でも困らないアルトだが、室内は十分広い。この優れたパッケージングこそ、日本の軽自動車の自慢だと思う。
全長3395mm、全幅1475mmという限られたスペースにもかかわらず、前席はもちろんのこと、後席に大人が座っても足もとの余裕は十分確保されているし、頭上の空間も広々としている。また、ラゲッジスペースも「A型ベビーカーが積める」と自慢するだけあって、外観から想像するよりもずっと広いのである。

さらに、インテリアデザインも、クロス型のシボを採用したプラスチックのトリムや、パズル柄のシート表皮、シンプルな造形、そして、明るい色使いなどのおかげで、安っぽい感じがせず、「上手くつくったなぁ」と感心させられる。

【スペック】
G:全長×全幅×全高=3395×1475×1500mm/ホイールベース=2360mm/車重=730kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3 DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.2kgm/4000rpm)/価格=84万円(テスト車=87万7380円/ステレオ+2スピーカー=2万1000円/フロアマット=1万6380円)

運転してもフレンドリー

実際に運転した印象も悪くない。運転席に陣取ると、運転に必要なスイッチ類が扱いやすい大きさで、わかりやすい場所に配置されていることがわかる。初めて運転する場合でも迷うことがない。このとっつきやすさもうれしい。

いざ走り始めても、アルトの優しくフレンドリーな印象は変わらない。ソフトな乗り心地は街なか中心の利用であれば実に快適で、試乗した「G」に標準の155/65R13サイズのタイヤも、乗り心地のよさに貢献していた。電動パワーステアリングも自然な感触だ。コーナリング中のロールが大きめだったり、スピードを上げていくとややピッチングが気になることもあったが、このクルマの場合、さほど評価を下げるものではないだろう。



スズキ・アルトX(4AT)/アルトG(3AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

3ATか4ATか、それが問題だ!

一方、走りっぷりだが、搭載されるエンジンは用意される4グレード(「E」「G」「X」「Xセットオプション」)ともに、0.66リッター直列3気筒、54psと6.2kgmを発する「K6A」型1種類。3ATが組み合わされたメイングレード「G」の試乗車では、1速のギア比が高いため、出足でややのんびりするが、走り始めてしまえば、アクセルペダルに対するレスポンスもよく、一般道では扱いやすい。

試しに4ATが搭載される上級「X」も運転してみたが、こちらは発進の力強さがある反面、ある程度スピードが乗ったとき、加速しようとアクセルを踏み込んでも物足りない印象で、場合によってはシフトアップ/ダウンが頻繁に行われてしまうこともあった。高速道路をよく利用するなら4ATもいいが、普段乗るには3ATのほうが使いやすいだろう。
案外いいのが5MTとの組み合わせで、これなら発進のもたつきがなく、流れに乗って走るにも不満はなかった。

いずれの組み合わせをとっても、普段の足として使うには十分な性能である。外見は小さく、小回りもきくが、窮屈な感じはない。いわば、ちょうどいいサイズのスニーカーといった印象。ドライバーにも、かっこよく軽快に履きこなしてほしいものだ。

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2004年10月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る