F1日本GPは雨で開幕、台風直撃で予選キャンセルか?【F1 04】

2004.10.08 自動車ニュース
F1日本GPは雨で開幕、台風直撃で予選キャンセルか?

【F1 04】F1日本GPは雨で開幕、台風直撃で予選キャンセルか?

2004年のF1世界選手権第17戦日本GPが、10月8日、三重県の鈴鹿サーキットで開幕した。
初日のフリープラクティスでトップタイムをマークしたのは、フェラーリのミハエル・シューマッハー。台風22号の影響で大雨に見舞われたなかでの走行となったが、上陸の可能性が高い9日の公式予選は、キャンセルされるかもしれない。


【写真上】BSウェットタイヤを履いて最速タイムを叩き出したミハエル・シューマッハーのフェラーリ。
【写真下】母国で期待がかかる佐藤琢磨は、1回目ノータイム、2回目8位という結果だった。

F1日本GPは雨で開幕、台風直撃で予選キャンセルか?

しのつく雨に、各ドライバーは出走を控え、2回のプラクティスはインスタレーションラップを含む数周程度で終わった。

そのなかで、ブリヂストン(BS)のウェットタイヤを履いたフェラーリのシューマッハーが、両セッションで最速タイムを計時。2回目の1分45秒388は、唯一の45秒台である。同じBSユーザー、ザウバーのジャンカルロ・フィジケラが午前午後とも2番目のタイムを叩き出した。


ルノーを駆るジャック・ヴィルヌーヴは、1回目13位、2回目10位と中段に位置する。

F1日本GPは雨で開幕、台風直撃で予選キャンセルか?

BARホンダの佐藤琢磨は、1回目ノータイム、2回目8位という結果だった。

台風が直撃するかもしれない土曜日の予選は、スケジュールの大幅変更やキャンセルなどが協議されている。

(文=webCG 有吉/写真=KLM Photographics J)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。