フェラーリF1コンビが六本木に登場!

2004.10.07 自動車ニュース
 

フェラーリF1コンビが六本木に登場!

F1フェラーリチームのオイルサプライヤーといえば、貝殻マークのシェル。鈴鹿での日本GPを前に、ミハエル・シューマッハー、ルーベンス・バリケロの両ドライバーを昭和シェル石油が招き、2004年10月6日、東京・六本木ヒルズアリーナにおいて、トークイベントが行われた。


【写真上】満面の笑みを浮かべるルーベンス・バリケロ(左)とミハエル・シューマッハー。
【写真下】フジテレビF1キャスターの永井大と、昭和シェル石油イメージパーソナリティの宇梨も会場に招かれた。
 

まずは、F1解説でお馴染みの川井一仁が、両ドライバーに様々な質問をするかたちで始まった。
第13戦ハンガリーGPで今シーズンのコンストラクターズチャンピオンを決めたフェラーリについて、現在2連勝中のルーベンス・バリケロは、「フェラーリチームは優れたマシンをつくるすばらしいチームだ。誇りを持っている」と褒め称えた。
一方、翌14戦ベルギーで自身7度目となるシリーズチャンピオンを手中に収めたミハエル・シューマッハーは、「過去の実績は気にせず、これから先のことを楽しみにしたい。まだまだやりたいこともある」と、前向きな姿勢を崩さない。


抽選で選ばれたおよそ1000名のファンが殺到。フェラーリレッドを身に纏う人も多かった。
 

週末の鈴鹿に向けては、両名口を揃えて「どちらが勝つかは重要ではなく、フェラーリチームが勝つことが重要だ」と、あくまでチームプレーに徹するとコメント。またスポンサーであるシェルに対しては、「今シーズンはエンジンブローもなく、絶好調。シェルの燃料にはパワーがあり、信頼している」とリップサービスも忘れなかった。


「ピットストップチャレンジ」の様子。結果はバリケロチームがおよそ2秒の差をつけて勝利。
 

その後、観客をまじえたゲームも行われた。シューマッハー、バリケロにそれぞれ3名を加えた2チームが、ピットワーク(タイヤ交換、給油)のタイムを競い合うというもの。いつもはドライバーズシートに座る2人による給油シーンが見られた。「ワクワクしたけど、給油してもマシンが出ていかないのが不思議だね」とはシューマッハー。

2人が去った後も、サイン入りグッズがもらえる抽選会などがあり、盛況なイベントとなった。

2004年の第17戦日本GP決勝は、10月10日に開かれる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。