ホンダの旗艦「レジェンド」、一新され4代目に

2004.10.07 自動車ニュース
 

ホンダの旗艦「レジェンド」、一新され4代目に

本田技研工業は、同社の最上級セダン「レジェンド」を約8年ぶりにフルモデルチェンジし、2004年10月7日に発売した。


3.5リッターV6「VTEC」エンジン。最高出力300ps/6200rpm、最大トルク36.0kgm/5000rpmを発生する。
前モデル比でエンジン幅を36mm、長さを61mmスリム化。マグネシウム製シリンダーヘッドカバーなどを用い軽緑化を図った。
 

■“初もの”で

ホンダの最上級セダンとして初代「レジェンド」が生まれたのは1985年のこと。4ドアセダンから2ドアハードトップを派生させ、1990年には最初のフルモデルチェンジを実施(クーペは翌年)。1996年に3代目へと進化してからは、「オデッセイ」を火付け役にするミニバンブームに飲みこまれてか、以後約8年もの間ライフを保ってきた。

セダンに厳しい時代にホンダが世に送るのは、数々の“初もの”技術たち。先頃撤廃された、業界の馬力自主規制「280ps」を上回った初めてのモデルとして、300psを発生する3.5リッターV6「VTEC」ユニットを採用。これに、高らかに世界初を謳う、駆動力を前後のみならず後輪左右でも可変する四輪駆動システム「SH-AWD(Super Handling All-Wheel-Drive)」を組み合わせたパッケージとなる。

さらに、これまた世界初という、歩行者を検知しドライバーに知らせる安全装置「インテリジェント・ナイトビジョンシステム」をメーカーオプションとして用意する。


ホンダが世界初を謳う新4WDシステム「SH-AWD(Super Handling All-Wheel-Drive)」は、状況に合わせ、駆動力配分を前後で30:70から70:30、後輪左右で100:0から0:100まで無段階制御するという仕組み。駆動力を旋回にも利用し車両の運動性能を向上させるのが狙いという。
後輪へ駆動力を伝えるプロペラシャフトには、軽量化のためCFRP(炭素繊維強化プラスチック)が採用された。
 

全長×全幅×全高=4930×1845×1455mm、ホイールベース=2800mmのボディは軽量化が図られた。ボディ骨格の約50%に高張力鋼板(ハイテン材)を用いたのに加え、各所にアルミニウム、マグネシウム、プロペラシャフトにはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)など軽い素材を配した。

トランスミッションは、ステアリングを握りながらマニュアル操作できるパドルシフトを備えた電子制御5段オートマチック。コンパクト化、変速ショック低減などが図られたものだ。

300psユニットとSH-AWD、軽いボディとパドルシフトなどで「New Driving Experience=新時代のドライビング体験」を目指しながら、静粛性を含む車内外で高級感を演出したトップ・オブ・ホンダ、レジェンド。パッケージオプションを用意したモノグレード設定で、価格は525万円。月500台を販売したいとしている。

(webCG 有吉)


オプションで用意される「インテリジェント・ナイトビジョンシステム」(57万7500円)。インパネ上部のヘッドアップディスプレイに遠赤外線カメラの映像を映し、車両進路上の歩行者や横断中の歩行者を検知した場合に、喚起音と強調枠表示でドライバーに伝える(写真はわかりやすいように強調されているもの)。
 

本田技研工業「レジェンド」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/legend/


8インチディスプレイを中央に据えたインパネ。ナビゲーションはHDD(ハードディスク)タイプで、ホンダのインターフェイス「プログレッシブコマンダー」で操作する。装備面では、ボーズの専用オーディオや電動リアサンシェイドなどに加え、高速道路運転支援システムこと「HiDS(Hondaインテリジェント・ドライバーサポート・システム)」などもある。
 

全長を65mm、ホイールベースを110mm短縮しながら、室内長は30mm拡大。全幅は25mmプラスとしながら室内は40mm幅広になった。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
ホームへ戻る