BARホンダ、「100戦目に初勝利を!」

2004.10.06 自動車ニュース

BARホンダ、「100戦目に初勝利を!」

今年で18回目を迎える鈴鹿サーキットでのF1日本GPを週末に控えた2004年10月5日、BARホンダは都内ホテルで記者会見を開いた。3度目の母国GPに臨む佐藤琢磨やジェンソン・バトンら、チーム関係者が出席し、レースへの意気込みを語った。

■コンストラクターズ2位堅持、そして……

1999年オーストラリアGPでデビューしたBAR(ブリティッシュ・アメリカン・レーシング)は、2004年の第17戦日本GPで通算100戦目を迎える。

BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)の資金をバックに「ティレル」チームを買収、1997年チャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴや名門レーシングカーコンストラクター「レイナード」、2000年からはホンダも加わり強力な体制でGPに参戦するも、以後しばらくは苦戦を強いられた。

ヴィルヌーヴが去り、タイヤをブリヂストンからミシュランに換えた2004年。ジェンソン・バトンと佐藤琢磨のペアを牽引役に、チームは創設以来の快進撃を続けてきた。

チーム代表のデイヴィッド・リチャーズは、シーズン前の目標を、「チャンピオンシップ4位以上、得点85点、表彰台6回、そして1勝」に設定したというが、第16戦終了時点で、コンストラクターズランキングでは2位、得点は105点、ポディウムは10回(バトン9+佐藤1)と、そのほとんどで予想を上回る成績を残している。

記念すべき100戦目に、残る初勝利を手中に収めんと鈴鹿に臨むBARホンダ陣営。もちろん、9点を挟んだルノーとの激しいランキング2位争いに決着をつけるという大目標も忘れてはいない。

第9戦アメリカGPで初の3位表彰台にのぼった、現在ドライバーズランキング9位の佐藤琢磨は、「昨年、テストドライバーとして経験を積んできたことが今年大きく活きている」とコメント。2002年にジョーダンで5位、直前になってBARホンダで参戦が決まった2003年は6位と入賞を続けている日本GPについては、「攻めのレースで、フェラーリと直接対決できたらうれしい」と、コンストラクターズ2位堅持もさることながら、さらなる上を目指していることを語った。

日本GPは10月8日(金)に開幕、日曜日に決勝レースが行われる。今週末の三重周辺の天気は、どうやら雨のよう。ウェットレースで波乱が起きる、ということはあるのだろうか?

(webCG 有吉)

 

壇上にあがったのは、BARホンダのデイヴィッド・リチャーズ代表、テクニカルディレクターのジェフ・ウィリス、ジェンソン・バトン、佐藤琢磨、ホンダから、F1プロジェクトリーダーの木内健雄、車体技術開発責任者の橋本健。
 

1年前よりもさらに精悍さを増した感じの佐藤琢磨。フェラーリ独走の今シーズン、「正面から戦えばフェラーリに勝つのは難しい」と、跳ね馬の優位性を認めつつも、「アメリカGPなどでは遜色ないペースで走れてましたし」と、まだ勝負を捨てていない。
「(BARホンダは)まだトップチームじゃないし、パーフェクトじゃない」と、さらなる上を目指す、いつもの“琢磨節”が聞けた。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。