ドコモ主催「ルノーF1チーム応援パーティー」にアロンソらあらわる

2004.10.06 自動車ニュース

ドコモ主催「ルノーF1チーム応援パーティー」にアロンソらあらわる

F1第17戦日本GP目前の2004年10月5日、マイルドセブン・ルノーF1チームのスポンサーを務めるNTTドコモは、ルノーチームの応援パーティーを都内ホテルで開いた。ゲストとして、フェルナンド・アロンソ、テストドライバーのフランク・モンタニーらが招かれ、トークショーなどに参加した。

■プレッシャーは彼らにある

ルノーのGPマシン「R24」の鼻先などに貼られる「i」のマークをご存知だろうか。
NTTドコモがルノーF1チームをスポンサーするようになったのは2004年から。その目的は、国内ではなく、ドイツ、フランス、スペインなど国外8カ国で展開される「iモード」サービスの認知度を上げるためという。

そのルノーF1チームの今年の戦績だが、序盤こそ、第6戦モナコGPでヤルノ・トゥルーリが優勝を飾るなど、フェラーリ独走のシーズンに跳ね馬を追いかける“第2勢力”の先頭をひた走っていたのだが、終盤にきて雲行きが怪しくなりつつある。

チームとトゥルーリの間に軋轢が生じ、トゥルーリがノーポイントのレースを続けた結果、第15戦イタリアGPで、コンストラクターズランキング2位のポジションをBARホンダに奪われてしまった。
トゥルーリはチームを離脱し、その代役として第16戦中国GPから元チャンピオン、ジャック・ヴィルヌーヴがチームに加わった。

中国までの時点で、BARホンダの9点ビハインド、3位につけるルノー。鈴鹿を含めた残り2戦で、何とか2位の座を奪回したい。

「BARホンダを負かすことは簡単じゃないだろうけど、不可能でもないと思うよ。われわれは失うものは何もないから攻めるだけ。プレッシャーは彼らの方にある」と強気のコメントを残したのは、現在ドライバーズランキング4位のフェルナンド・アロンソ。
鈴鹿については、「最初のS字セクションが気が抜けなくて、でも好きだ。130Rは昨年改修されていまはフラットでいけるから、そんなに難しくもなくなった」という。

2005年からいよいよタイトル奪取に照準を合わせるルノー。今シーズンはトップ3への仲間入りが目標だったが、目の前にぶら下がったランキング2位という“ニンジン”は、何としても手に入れておきたい。ヴィルヌーヴの加入でBARホンダを倒せるか?

(webCG 有吉)

 
ドコモ主催「ルノーF1チーム応援パーティー」にアロンソらあらわるの画像

ゲストとして招かれた面々。左から、俳優で自身もレース経験がある岩城滉一、バレーダンサーの熊川哲也、K-1で戦う魔沙斗、女優の鳥居かおり。どういう基準で選ばれたかは定かではない。
 

	ゲストとして招かれた面々。左から、俳優で自身もレース経験がある岩城滉一、バレーダンサーの熊川哲也、K-1で戦う魔沙斗、女優の鳥居かおり。どういう基準で選ばれたかは定かではない。
	 

日本GPにちなんで、NTTドコモは「iモードPresents!応援キャンペーン」を実施中。ドライビングスーツやヘルメット、ルノーF1のイギリスの本拠、エンストンへの旅などがプレゼントされるという。詳しくは、iモード公式サイトを参照のこと。
 

	日本GPにちなんで、NTTドコモは「iモードPresents!応援キャンペーン」を実施中。ドライビングスーツやヘルメット、ルノーF1のイギリスの本拠、エンストンへの旅などがプレゼントされるという。詳しくは、iモード公式サイトを参照のこと。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。