「ルノー・メガーヌ」にマニュアル車加わる

2004.10.05 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ」にマニュアル車加わる

ルノージャポンは、オシリが特徴のルノーのハッチバック「メガーヌ」に、マニュアルトランスミッション仕様を追加設定、2004年11月26日に発売する。

2003年欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞車にして日本におけるルノーの牽引役を担う「メガーヌ」。導入される1.6リッター、2リッター両方とも4段オートマチック仕様車のみだったが、マニュアル好きに向けて2リッター車に6段MTが加わった。メガーヌのスポーティバージョン「ルノー・スポール」と同タイプのトランスミッションという。

価格は、AT仕様の5万2500円安、260万4000円となる。

(webCG 有吉)

ルノージャポン:
http://www.renault.jp/

 
「ルノー・メガーヌ」にマニュアル車加わるの画像

関連キーワード:
メガーヌルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
ホームへ戻る