「プジョー307SW」全仏オープン記念車は5人乗り

2004.09.30 自動車ニュース
 

「プジョー307SW」全仏オープン記念車は5人乗り

プジョージャポンは、3列7人乗りのワゴン「307SW」に、プジョーと全仏オープンテニスの公式パートナーシップ提携20周年を記念した特別限定モデル「307SWローラン・ギャロス」を設定、2004年10月8日に発売する。販売台数は130台限定。

 

プジョーお馴染み、全仏オープンの名を冠した特別仕様の「307SWローラン・ギャロス」は、テニスのクレイコートを模した2トーンカラーの専用フルレザーシートを装着し、7席ではなく5席タイプとしたものだ。
このモジュール式リアシートは、個々に折り畳み、取り外し、通常3列目にあたるポジションに移設できるという。

さらに、インパネおよびドアトリムに専用レザーインテリアを採用し、「最上級限定モデルとしての差別化を図る」(プレスリリース)。ESP、盗難防止アラーム、サイドステッププレート、専用エンブレムも盛り込まれる。
ボディカラーは、「オークランド・グリーン」「ルナー・ミスト」の2色を特別色として設定する。

価格は、約41万円相当分を27万3000円高に抑えた、322万3500円(2リッター+4AT)。

(webCG 有吉)

 

プジョージャポン「307SW」:
http://www.peugeot.co.jp/cars/showroom/307/sw/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る