「プジョー307SW」全仏オープン記念車は5人乗り

2004.09.30 自動車ニュース
 

「プジョー307SW」全仏オープン記念車は5人乗り

プジョージャポンは、3列7人乗りのワゴン「307SW」に、プジョーと全仏オープンテニスの公式パートナーシップ提携20周年を記念した特別限定モデル「307SWローラン・ギャロス」を設定、2004年10月8日に発売する。販売台数は130台限定。

 

プジョーお馴染み、全仏オープンの名を冠した特別仕様の「307SWローラン・ギャロス」は、テニスのクレイコートを模した2トーンカラーの専用フルレザーシートを装着し、7席ではなく5席タイプとしたものだ。
このモジュール式リアシートは、個々に折り畳み、取り外し、通常3列目にあたるポジションに移設できるという。

さらに、インパネおよびドアトリムに専用レザーインテリアを採用し、「最上級限定モデルとしての差別化を図る」(プレスリリース)。ESP、盗難防止アラーム、サイドステッププレート、専用エンブレムも盛り込まれる。
ボディカラーは、「オークランド・グリーン」「ルナー・ミスト」の2色を特別色として設定する。

価格は、約41万円相当分を27万3000円高に抑えた、322万3500円(2リッター+4AT)。

(webCG 有吉)

 

プジョージャポン「307SW」:
http://www.peugeot.co.jp/cars/showroom/307/sw/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー3008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.12 試乗記 2014年にマイナーチェンジされたプジョーのクロスオーバーモデル「3008」が、新たにエンジンとトランスミッションをアップデート。それで走りはどう変わったのか? 乗り心地や使い勝手も含めた、最新型の印象を報告する。
ホームへ戻る