「プジョー307SW」全仏オープン記念車は5人乗り

2004.09.30 自動車ニュース
 

「プジョー307SW」全仏オープン記念車は5人乗り

プジョージャポンは、3列7人乗りのワゴン「307SW」に、プジョーと全仏オープンテニスの公式パートナーシップ提携20周年を記念した特別限定モデル「307SWローラン・ギャロス」を設定、2004年10月8日に発売する。販売台数は130台限定。

 

プジョーお馴染み、全仏オープンの名を冠した特別仕様の「307SWローラン・ギャロス」は、テニスのクレイコートを模した2トーンカラーの専用フルレザーシートを装着し、7席ではなく5席タイプとしたものだ。
このモジュール式リアシートは、個々に折り畳み、取り外し、通常3列目にあたるポジションに移設できるという。

さらに、インパネおよびドアトリムに専用レザーインテリアを採用し、「最上級限定モデルとしての差別化を図る」(プレスリリース)。ESP、盗難防止アラーム、サイドステッププレート、専用エンブレムも盛り込まれる。
ボディカラーは、「オークランド・グリーン」「ルナー・ミスト」の2色を特別色として設定する。

価格は、約41万円相当分を27万3000円高に抑えた、322万3500円(2リッター+4AT)。

(webCG 有吉)

 

プジョージャポン「307SW」:
http://www.peugeot.co.jp/cars/showroom/307/sw/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る