ルーキーはコレを買え! (マツダ・ロードスター)


月刊webCGセレクション2006年4月号

ルーキーはコレを買え!














カッコいいスポーツカー・オヤジになるために



マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)
……266万650円




クルマは、走るためのギアである。その基本を押さえたクルマとして、間違いなくおススメなのが「マツダ・ロードスター」だ。ここには、今しか味わえない走りの歓び、操る楽しさがある。

圧倒的な軽快感、絶対的な軽さ

最初の1台として薦めるのがオープン2シーターのスポーツカーだなんて、あまりに芸がないというか、ありきたりに映るかもしれないけれど、やっぱり外すわけにはいかない。昨年、3世代目に進化を遂げた「マツダ・ロードスター」。コイツと始める自動車生活は、きっと多くの楽しさをもたらしてくれるはずだ。それも一瞬の輝きではない。おそらくは、その後のクルマ観に大きく影響するような、大きな歓びである。

エンジンパワーやら限界でのコーナリング性能をアレコレ言う前に、まず味わってほしいのが、その圧倒的な軽快感、あるいは絶対的な軽さだ。アクセルペダルを踏み込んだ瞬間にリアタイヤが路面を蹴り出してクルマがスッと前に出る様や、ステアリングを切り始めた時の、間髪入れずに向きが変わり始める感覚は、重いクルマではどう演出したって出ない、軽量設計の最大のメリットである。

しかもフロントエンジン・リアドライブのレイアウトは、前輪にかかる荷重が少ないためステアリングに対する反応がよくなり、アクセルオンすると沈み込む後輪に駆動力を伝えるため鋭い蹴り出しを得ることができる。単に軽いというだけでなく、このレイアウトとの相乗効果も、ロードスターのキビキビ感抜群の乗り味に繋がっている。

ハッキリ言って、世界中見回しても、こんな乗り味を楽しめるクルマは今はちょっと見当たらない。おそらく今後は、さらに難しくなってくるだろう。だからこそ、この走りっぷりは今こそ味わっておいたほうがいい。あるいは、それだけでも十分、選ぶ理由になるのではとも思う。










【スペック】
全長×全幅×全高=3995×1720×1245mm/ホイールベース=2330mm/車重=1090kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6700rpm、19.3kgm/5000rpm)/価格=250万円(テスト車=266万650円/SRSサイドエアバッグ=3万1500円/アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム=3万1500円/撥水機能(フロントガラス/ドアガラス/ドアミラー)=1万500円/BOSEサウンドシステム+6連奏CDチェンジャー=4万2000円/フォグランプ=4万5150円)


アナタまで同じようなの買わなくたって……

勘違いしている人もいるかもしれないが、クルマ、特にスポーツカーの走りの歓びは、スピードだけにあるわけではない。「ミニバンだって速いのあるじゃん」と言われたら、その通りと答えるまでだ。では何がその歓びなのかと言えば、先に挙げた、ステアリングやアクセルの軽快でダイレクトな反応ということになる。実はこれこそがミニバンにはない、スポーツカーの歓びの大きな部分を占めているのだ。

家から10km離れたスーパーまで行くのに、ステアリングを握るのがミニバンなら、それは単なる運転、単なる作業にしかならないかもしれない。けれどロードスターで行けば、その10kmの道のりは、きっと楽しい。オープンカーならではの風と戯れられる気持ち良さも、それを後押ししてくれることだろう。

ママチャリもロードレーサーも同じ自転車。けれど同じ道のりを、同じ時間かけて行くのだってロードレーサーの方が断然楽しい。たとえるなら、そんな話だ。確かに人も荷物も載らなくて不便かもしれないけれど、本当に乗せたい大切な人なんて、そんなに沢山はいないはず。だいいち皆、こぞってミニバンみたいのを買っている時代なんだから、アナタまで同じようなの買わなくたって大丈夫。そう、そんなの大した問題じゃないと言い切ってしまおう。

いつかそのうち、セダンやミニバンあるいは他の何かを買うことになったとしても、ロードスターのような気持ちいい走りの1台と暮らした経験は、きっと有形にも無形にもクルマとの心地よい生活に活きてくるはずだ。そうそう、もし「今は無理でも、将来歳をとったらスポーツカーに乗るなんてカッコいいな」なんて思ってるんだとしたら、そんな人も悪いことは言わないから今からスポーツカーに乗っておいたほうがいい。

スポーツカーをカッコよく乗りこなすには技術も経験も必要。さらには体力だって要るのだ。それは将来、突然身に付くもんじゃない。今から乗り続けていくからこそ、カッコいいスポーツカー・オヤジになれるってものなのだ。

クルマは、まず何はなくとも走るためのギアである。最初の1台に、その基本を押さえたクルマを選ぶということ、一番に僕は、それをオススメしたい。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏/2006年4月)




戻る

次へ



トップへ戻る
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |


  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!